AMeeT
TECHNOLOGY

テクノロジー

映画監督 柴田剛の選ぶ映画/映像作品9選 2014-2015 第3回(全3回)
~ザ・フィルムズ・オブ・アザーサイド~文:柴田剛(映画監督)

2016 10 25

『映画監督 柴田剛の選ぶ映画/映像作品9選 2014-2015』は『おそいひと』『堀川中立売』などで、国内外の賞を受賞してきた映画監督 柴田剛氏に、2014-2015年初見した映画/映像作品の中から、「心が揺さぶられ、アグレッシブに感じた」9作品を、コメント付きで紹介していただく企画記事。全3回合わせて、劇映画、ドキュメンタリー、パフォーマンスなど、幅広いラインアップとなっている。第3回となる今回は、2014年秋に開催されたヴィジュアル×サウンドイベント《MOVING Live 0》における、映像作家 山城大督氏、宮永亮氏のパフォーマンス及び、彼らの映像表現を紹介する。"映画/映像への愛"と"的確な分析"が混在する文章からは同氏の映画/映像観も伺える。

柴田剛による作品選定についてのコメント

今回この原稿を書くにあたって、いちばん大事にしている視点は、「立体的に切り取れる映像について語る」ということ。言い換えると、あらゆる動作行為を大きく広げ、自他垣根なく感じ、とらえることができているかどうかということだ。

映像や映画と写真を例に説明してみる。現実の知覚通りに3次元で行われていることを、撮影&編集を通じて平面(2次元)の光の映像(動画)にしたためることは立体的といえる。というのも、映画/映像制作のこういう特性に、「自分と社会と宇宙をつなげて感じること」をいつも意識させられるからだ。

映画/映像を制作するとき、鑑賞するとき、まるで自分がマトリョーシカにでもなった気分になる。内も外もある世界を、箱庭づくり、或いはアニメーション化する感覚で映像に置き換えてみることは、「自分が存在して生きていること」と同じように立体的といえる。では瞬間をとらえる写真はどうかというと「平面的だなぁ」と思う。日常空間を切り取った一瞬の写真を連続させて動かしたものが映像であり、だからこそ立体的に成り得る。

余談だが、最近とある宮司さんから「おばけを写すなら連写機能で撮るといい。そのうち1枚になにか写るときがあるでしょう。でも、あんまやってはならんですよ。連写機能はおすすめしません。」という怖いはなしを聞いた。立体的な行為をしてるのだと意識して映画/映像制作や鑑賞をすると非常におもしろい。


柴田剛 SHIBATA Go

柴田剛 SHIBATA Go

1975年生まれ。映画監督。代表作『おそいひと』『堀川中立売』では国内外の賞を受賞。MVや映像作品も発表している。平成22年度愛知芸術文化センター・オリジナル映像作品の制作作家に選出され『ギ・あいうえお ス ―ずばぬけたかえうた―』を制作。
TOY FILM PROJECT( 玩具映画及び映画復元プロジェクト )に参加。
主な受賞・出品に2005年 ハワイ国際映画祭 Dream Digital Award 受賞、第5回東京フィルメックス コンペティション 部門出品、2009年 ドイツ・フランクフルト日本映画祭(NIPPON CONNECTION 2011) NIPPON VISIONS AWARD(最優秀賞)受賞、第10回東京フィルメックス コンペティション部門出品などがある。

映画監督 柴田剛 公式サイト
http://www.shibatago.com/


PAGE TOP