AMeeT
TECHNOLOGY

テクノロジー

光と時間を描く―キャンバス・プロジェクションについて文:ヤマガミユキヒロ(現代美術家)

2017 04 20

モノクロームの絵画に、プロジェクターで同一視点の実写映像を投影する、「キャンバス・プロジェクション」という独自の手法で作品制作を行う現代美術家 ヤマガミユキヒロ。「キャンバス・プロジェクション」が生まれるきっかけとなった「時間、光、空間をどのように表現するか」という絵画への問題意識、そしてその問題意識と手法の誕生・進化の関係性について、同氏に寄稿していただいた。

1. 「キャンバス・プロジェクション」とは

僕は鉛筆や墨、アクリルなどで描画したモノクロームの絵画に、レイヤーを重ねるように、プロジェクターで同一視点の実写映像を投影する「キャンバス・プロジェクション」という独自の手法で作品制作をしています。それは建物や道路など常にそこにあるものを絵画で描写し、通行する人や車、太陽の光など時間による移ろいを映像で描写する、というものです。

ヤマガミユキヒロ|作品集 2011-2015

風景は時間と共に表情を変えていきます。朝日の輝き、午後の雑踏、夕焼け、黄昏、そして夜の街のネオン。その時間と共に移りゆく情景を1枚の絵画に描くことは不可能です。例えば印象派の画家たちは、光や時間の移ろいを描くのに「連作」という方法をとりました。しかし「キャンバス・プロジェクション」を使用すれば、連作ではなく、1枚のキャンバスに時間や動きや光そのものを描画することが出来るのです。

今回、AMeeTさんよりコラムのお話を頂きましたので、その辺りの僕の制作に関するお話をさせていただこうと思っています。

鉛筆で描いた京都・鴨川の風景
鉛筆画に時間の移ろいが加わった風景

(写真上)鉛筆で描いた京都・鴨川の風景 (写真下)鉛筆画に時間の移ろいが加わった風景

『鴨川リバースケープ』
2013年 キャンバス・プロジェクション(紙に鉛筆、ビデオプロジェクター) 45.5cm × 38cm


ヤマガミ ユキヒロ YAMAGAMI Yukihiro

ヤマガミ ユキヒロ YAMAGAMI Yukihiro ポートレート

1976年 大阪生まれ。2000年 京都精華大学美術学部卒業。日常で見慣れた風景を鉛筆や墨などで描画した絵画に、同一視点から撮影した映像をプロジェクターによって投影する「キャンバス・プロジェクション」という独自の手法により作品を制作。絵画の上に光と時間を取り入れるこの表現展開により、これまで東京ステーションギャラリー、アサヒビール大山崎山荘美術館、川崎市岡本太郎美術館などでの展覧会に参加。また、2014年からは能楽とのコラボレーションによる「noh play」というプロジェクトに取り組み、2016年に「noh play 2016」(札幌市教育文化会館)、2017年には東アジア文化都市2017京都開幕式典にて「noh play TAMURA」(ロームシアター京都)の舞台芸術を担当するなど、幅広い活動を見せている。主な受賞に「2008年 岡本太郎現代芸術賞展特別賞」がある。

Yamagami Yukihiro Portfolio
http://www.yamagamiyukihiro.net/


PAGE TOP