AMeeT
EVENT REPORT

イベント・レポート

京の七夕2015協賛事業
「おりんde風鈴まつり 門前町まちかどコンサート2015」

2015 09 09
開催日: 2015年8月8日(土)・9日(日)、22日(土)・23日(日)
会場・料金・出演: 各内容のとおり
主 催: 門前町まちかどコンサート実行委員会
協 力: 植柳まちづくりプロジェクトチーム・龍谷ミュージアム・山本亀太郎商店・相生餅・丹庄奥野法衣店・宇治茶の美好園・和泉屋旅館・丸三仏壇店・京町家旅館さくら本願寺

西本願寺門前町で行われた今夏5回目のミニコンサートイベント。珍しい楽器やマニアックな奏者によるジャンルレスな10コンサートのほか、伝統工芸講座や、最終日には南山城村の人々とのコラボレーション企画もあった。市内各所が地蔵盆で賑わった最終日に出かけてみた。開催地界隈は、いわゆる観光スポットとは異なり、お寺とともに機能する古い街並である。一般客は普段立ち入らない老舗各店が会場になっていた。音楽の内容、会場と出演者の組み合わせなど、主催者のセンスや日頃のネットワークが際立つ素晴らしいプログラムだった。ありきたりな町おこし事業とはどこかが違うと感じたが、聞くところによると、この界隈に商店会や組合がないとのこと。補助金事業などではなく、町の人々が個々の本音で動くまちかどコンサートだったのだ。また、「おりんde風鈴まつり」というとおり、仏具のおりん(お鈴)が風鈴となって各軒先に揺れていた。とても心地よい音色で、風景に溶け込んでそこに住む人と訪れる人をつなぐ<音による観光>もあるのだと感じた。この町には、かすかなお香の薫りも溶け込んでいるかもしれない。

今回のこのイベントの大きな特徴は、京都府唯一の村である南山城村の人々とのコラボレーション。古くから伝わる<茶香服ちゃかぶき>という闘茶が開かれ、材料も当地のものである<食>の体験、近年移り住んだというグループによるライブもあった。美術のアーティストも村に出掛けて活動を行っていると聞いているので、南山城村のこれからが楽しみである。

門前町まちかどコンサートは、来年も開催とのこと。ささやかな音楽や音や町の気配を感じることのできる、とても良いイベントだと思う。京都の町に、過剰なサウンドやライティングやプロジェクションマッピングは不要だ。
(松尾 惠 MATSUO MEGUMI + VOICE GALLERY pfs/w)

内容

8月8日(土)

16時半〜 龍谷ミュージアムエントランスホール
出演=龍谷大学ジャズ研究会「雅」/無料
18時半〜 山本亀太郎商店
出演=北川知早/¥500

8月9日(日)

17時40分〜 丸三仏壇店
「京の伝統工芸講座」
(講師:丸三仏壇店社長 三浦勝治氏)
18時〜 丸三仏壇店
出演=内田輝(クラヴィーコード)/¥500
19時半〜 京町家旅館さくら本願寺
出演=新内志賀日向、花音(新内三味線)/¥500

8月22日(土)

18時〜 丹庄 奥野法衣店
出演=AKI-RAsunrise(ハング・ハドウラム)/¥500
19時半〜 相生餅
出演=THE ROB CARLTON(漫才ミュージカル)/¥500

8月23日(日)

午前〜午後 各地蔵盆練り歩き「地蔵盆出前コンサート」
出演=立命館大学多国籍音楽サークル「出前ちんどん」
14時〜 和泉屋旅館
「茶と食とエンターテイメント」門前町まちかどコンサート×南山城村
茶=茶香服ちゃかぶき(南山城村茶葉製造スペシャリスト)14時〜
/座敷/¥2,500
食=ハーモニー卯 12時30分~
エンターテイメント=apothekeアポテケ(テクノポップライブ) 16時20分〜/大広間/¥1,000
18時〜 宇治茶の美好園 奥座敷
出演=かつを節(糸弾き社中):山田白米(長唄)・山田白菜(三味線)/¥500
19時半〜 和泉屋旅館ロビー
出演=元浄萌恵(ホルン)、元浄教真(トロンボーン)、元浄百香(ピアノ)
/¥500円
撮影:石山青空

撮影:石山青空

撮影:松尾惠

撮影:松尾惠

撮影:石山青空

撮影:石山青空

撮影:石山青空

撮影:石山青空

撮影:石山青空

撮影:石山青空


PAGE TOP