AMeeT
EVENT REPORT

イベント・レポート

Lumen Cinematheque Vol.005 河瀨直美映像個展

2016 05 24
会 期: 2016年4月4日(月)~17日(日)
主催・会場: Lumen gallery
京都市下京区麩屋町通五条上ル下鱗形町543 有隣文化会館2F
http://www.lumen-gallery.com/

映像専門ギャラリーLumen galleryは、個人映画や実験映画に特化した上映活動を行ってきた。昨年4月のオープン以来、アーティスト・ラン・スペースならではの目線で、<映像個展>が次々と開催されている。

この4月は、映画制作29年となる河瀨直美の関西初個展。1990年代初期から自主映画を高く評価され、劇場映画デビュー作の「萌の朱雀」(1997年)でカンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を史上最年少で受賞したことは、広く知られている。本展では、学生時代の作品から近作に至るまで、ドキュメンタリー作品全25作が約2週間にわたって上映された。その内の1作「杣人物語」を観賞した。

前述の「萌の朱雀」の舞台となった奈良県西吉野村は、山や山仕事とともに暮らす杣人(そまうど)の地である。「杣人物語」は、もうひとつの「萌の朱雀」ともいわれる。「萌の朱雀」制作のため通った西吉野村を舞台に、親しくなった山の人6人それぞれの暮らしを主役としたドキュメンタリーなのである。個々の暮らしと絶妙の距離を保ちつつ、ささやかな喜びをはじめ、悲しみや諦めをもほどいていく。カメラを向けながら聞き取りをする声音やタイミングなど、河瀨直美その人自身が懸命に生きている熱が伝わってくる。また、一見、平凡な人々の素朴な語りに見えるが、山の暮らしそれ自体がけっして平凡には思えない。ドキュメンタリー映像作品は、隅々の固有の生き方を写しとる業であり、作家自身の体験であり思想を知ることなのだとあらためて思った。29年間に25作のドキュメンタリー作品を製作する河瀨直美の熱とは、いったいどれほどのものだろうか。次回の個展は、今年6月のニューヨーク近代美術館(MoMA)、来年にパリのポンピドゥーセンターとのこと。今回1作しか観賞できなかったので、いつかまた日本で観賞できる機会を待ち望む。

過去に一度だけ河瀨直美氏と会ったことがある。好奇心にあふれ人懐っこい学生さんだった。いま振り返ると、熱の塊のようだった。紹介者は、2年前に急逝された映像作家:相原信洋氏である。ふわふわと世渡りをしているようでいて、創作欲と熱の塊だった。Lumen galleryを運営する光束舍の人々とも、相原氏を介して出会ったように思う。光束舍の人々は、それから現在までそれぞれの活動をしながら、めまぐるしく変化する映像メディアの知識や上映技術、作家の活動歴を詳しく知る今やアーカイブのような存在である。街自体が先進的なアトリエのような京都で、Lumen galleryを巡る人々は、作品の中の膨大な時間とともに、30年ほどの幅で熱を交換しつづけているような気がする。
(松尾 惠 MATSUO MEGUMI + VOICE GALLERY pfs/w)

上映作品

「私が強く興味をもったものを大きくFixできりとる」(8mm/5min./1988)

「私が生き生きと関わっていこうとする事物の具体化」(8mm/5min./1988)

「My-J-W-F」(8mm/10min./1988)

「パパのソフトクリーム」(16mm/5min./1988)

「たったひとりの家族」(8mm/10min./1989)

「小さな大きさ」(16mm/10min./1989)

「今、」(8mm/5min./1989)

「女神たちのパン」(16mm/25min./1990)

「幸福モドキ」(8mm/20min./1991)

「につつまれて」(16mm/40min./1992)※撮影:8mm

「白い月」(16mm/54min./1993)

「かたつもり」(16mm/40min./1994)※撮影:8mm

「天、見たけ」(16mm/10min./1995)

「風の記憶」(VTR/36min./1995)

「陽は傾ぶき」(16mm/45min./1996)※撮影:8mm

「現しよ」(8mm/60min./1996)※往復映像書簡:河瀨直美×是枝裕和

「杣人物語」(16mm/73min./1997)※撮影:8mm+VTR

「万華鏡」(16mm/81min./1999)※撮影:16mm

「きゃからぱあ」(DVD/50min./2001)※撮影:16mm+8mm+VTR

「追臆のダンス」(DVD/65min./2002)※撮影:8mm+VTR

「影」(DVD/25min./2004)

「垂乳女」(DVD/39min./2006)

「玄牝」(BD/92min./2010)※撮影:16mm

「塵」(BD/45min./2012)

「AMAMI」(BD/45min./2015)

限定同時開催

LESLIE KEE 写真展『SUPER NAOMI KAWASE』

河瀨直美

河瀨直美 ©KUMIE Inc.

『杣人物語』

『杣人物語』 ©KUMIE Inc.

映像個展チラシ

映像個展チラシ ©KUMIE Inc.


PAGE TOP