AMeeT
EVENT REPORT

イベント・レポート

まゆまろチャレンジ京都文化力発信事業/「京都府全域にまたがる新たなアートの旅BOOK」発行

2011 11 25
主催(発行): 第26回国民文化祭・京都2011実行委員会
http://kokubunsai-kyoto2011.jp/
Kyoto Creation+Imagination+Communication Network
会 期: 第26回国民文化祭・京都2011=2011年10月29日(土)~11月6日(日)
「大京都」発行=2011年10月29日
撮 影: 牧野和馬

アートフェア「超京都」を終えた夕方、冊子「大京都」(京都府全域にまたがる新たなアートの旅BOOK)が届いた。
現代美術のプロであるギャラリストやアーティストが集合し、コレクターや批評家や専門のジャーナリストに向けた発信・求心力をめざした「超京都」に対して、冊子「大京都」は、京都府全域にネットワークをはりめぐらし、地域コミュニティーとアートの関係づくりをする「半芸半X」な人々の図鑑・写真集・地図である。

いわば対局にある「超京都」と「大京都」は、アートの現実を照射しているとつくづく思う。日本のアーティストの99%は、アートだけで食べていけない。1%への参入をめざす「超」であるなら、99%は「大」であり「半芸半X」である。割合で見るこの<正当性>は、プロとして奮起させられる一方、正直にいえば、そちらにユートピアを求めもするのである。

「大京都」を届けてくれたのは、この本のすべての写真を撮影した牧野和馬さんだ。しばらくぶりだと思ったら、何ヶ月も何回も、京都府内を駆け回って、どこのガイドブックにもない、京都の山村や田舎道や川面を撮り続けていたのだった。アートへの人々の考えや政治的振る舞いなど陰影の濃い<洛中>に比べて、淡い陽光に包まれた郊外の景色はなんと寛大で美しいことか。「大京都」の登場人物それぞれの経歴にもまた、さまざまな道を経た後その地での営みを選択した潔さを感じる。芸術文化の中心地がたどる運命とは逆に、本当の文化とは、塩水が蒸発した跡のように、器の縁にきらきらと結晶するのかもしれない。

国民文化祭・京都2011は、マスコットキャラクター「まゆまろ」が活躍した大規模文化事業。
平成18年より京都府文化芸術室内に準備室が設置され、その後実行委員会や各専門員会が約70もの事業の実施に取り組んできた。
文化の国体ともいわれ、文化活動に親しむ個人や団体が日本各地から開催県に集まり、日ごろの成果や実力を披露する。昭和61年から毎年各都道府県持ち回りで開催してきたが、今年、初めて京都府での開催となった。音楽、舞踊、演劇、美術、文芸などの芸術文化、伝統文化や生活文化、開催地独自の文化などが取り上げられた。いわば、アートの99%のための国としての取り組みである。

国民文化祭・京都2011は、主催事業や関連事業をはじめ、多岐にわたる事業において、芸術文化の中心地<京都市>のみならず、京都府の市や町が誇る新旧の文化を幅広く紹介する機会でもあった。その中で、イベント性に偏らず、現状という情報をつなぎ、将来への可能性や期待をつないだ「大京都」こそ、好企画であったと思う。多くの人々の熱意の結集である国民文化祭であったが、「大京都」はじわじわと余韻を残す。

昨今、各地で大小さまざまなアートイベントやプロジェクトが行われている。この秋いくつかを訪ねて確信したのは、それらが<村祭>ということだ。都心部と緩慢に地続きの郊外では、人の拡散や精神的な過疎が起こっている。気持ちや時間の中心が薄れる中、新たな祭は、かつての活気や人々の結びつきを取り戻す。地方におけるアートイベントやプロジェクトは、新たな収穫祭である。都会からやってくるアーティストは祭に不可欠な旅の役者としての力を発揮し、地元作家は精神的・物理的なモニュメントとして機能する。それは日本のアートの99%が1%に突きつける抗いがたい力であり、1%に確固たる目標と決意を与える現実でもある。
(松尾 惠 MATSUO MEGUMI + VOICE GALLERY pfs/w)

冊子の申込方法

冊子「大京都」は希望者に送料のみでご提供しています。

申し込み方法:
下記宛てに、「大京都」希望と明記の上、80円切手を同封の上、郵送してください。
折り返し「大京都」を送らせて頂きます。

600-8092 京都市下京区神明町241 オパス四条503
NPO法人JCDN内 Kyoto-CICN事務局

問い合わせ:
TEL 075-361-4685 FAX 075-361-6225
メール dai-kyoto@kyoto-cicn.jp

京丹後市網野町

京丹後市網野町

木津川市

木津川市

綾部市(塩見直紀氏)

綾部市(塩見直紀氏)

舞鶴市

舞鶴市

大山崎町

大山崎町


PAGE TOP