AMeeT
FEATURE

特集

世界を信じるための映画 『ギ・あいうえおス 他山の石を以って己の玉を磨くべし』
インタビュー:柴田剛
ゲスト・インタビュアー:山城大督

2017 05 16

3. 自然発生的に起こった出来事を収めていく

(柴田)
その…映画の答え合わせのような話をしますけど、あそこに映っていることは全部本当です。

――さきほど山城さんが、「映画を観ながら、もしかして発光体を探しているかのように演じているのかもしれないと思った」と言ってたじゃないですか。謎の発光体を探しているシーンではないんですけど、私自身も「演技・演出しているのかもしれない」と感じたシーンがありました。例えば映画の中で、メンバーがメリーゴーランドに乗って放心しているシーン。もしかしたら柴田さんがあの場で監督として「こういう表情をしてこういう配置でメリーゴーランドに乗ってくれ」と指示をしたんじゃないかとも考えました。

(柴田)
あのシーンに関しては僕の指示じゃないんですよ。あれは、美術監督の西村立志君と高木風太君が二人でおっぱじめたのを見て…。

『ギ・あいうえおス 他山の石を以って己の玉を磨くべし』 スチル

『ギ・あいうえおス 他山の石を以って己の玉を磨くべし』 スチル

――ああ、二人が勝手にということですか?

(柴田)
そう、そこに僕が加わった。僕はファイアーパフォーマンスの撮影のための、クレーンの位置決めをしている最中だったんだけど、二人が変なことをしているのが見えたから、急遽録音の森野順君を呼んで「これを録って」と。森野順君は、バンドでいうところのボーカルなんですよ。彼はボーカルだからここ(メリーゴーランドの横)に立っといてと。僕は映画監督だけど、「ギ・あいうえおス」でいうところのバンドの段取りをするマネージャーなので、様子を見に来たみたいな。あれはそういう画です。

――じゃあ、柴田さんが監督として意図的に演出をしたということじゃなく、自然発生的に何かが起こったりとか、みんながそれぞれやったことを追ったり、その場でカメラ・マイクを向けながら収めていくみたいな…。

(山城)
すごいですね。それってチームが出来上がってるから可能なことですし、各々が自発的に演じることを監督自身が歓迎しているから成立しているというか...。

インタビュー風景
インタビュー風景

PAGE TOP