AMeeT
FEATURE

特集

京都 Underground Hip-Hopシーンを代表するビートメイカー 前半インタビュー:M.A(BONG BROS)

2019 09 05

3. サンプリング・ミュージックでありながら「楽器感」が強い音

(M.A)
例えば、スネアにギター音「チャッ」と被せるだけでこんな音になるやんとか、音と音を混ぜるおもろさをよりシンプルにする方がわかりやすいんかなと思う。個人的にはカラッと乾いてる...近くで鳴っている生感のある音の方が好きで...生きてる音というか、グロい音というか。そういうのをキャッチしてサンプリングしたりしてんのかな。

――サンプリング・ミュージックの魅力って、人工的にループされてる冷たさとか硬質さにもあると思うけど、確かにM.Aの場合は楽器感が強いトラックが多い気はする。

(M.A)
生楽器とかバンドが好きというのもあるなぁ。だから今回はミックスとかエフェクトもそういう方向性を目指した ※4 。Hip-Hopを作っている人はHip-Hopっぽく仕上げることが多いけど、あえて味付けをHip-Hopっぽくしないというか、ネタっぽい、バンドっぽい、そういうところを意識した。ビートがごりごりに太いとかじゃなくて、曲としてしっかり作りたかったというのはありましたね。
あとはバンドにできへんけどMPC ※5 にできることも意外とあったりするから、自分的にはその融合を目指せたらいいなと思ってる。そういうことができたらバンドの人たちにも「やばいな」「ビートメイクっておもろいな」って言ってもらえるやろうし。今はバンドの人たちともお互いに「いいな」って思えて、一緒にやったりできるようになったし、互いにリスペクトし合えるところまで来れた。

M.A
M.Aが実際に使用しているAKAI MPC 3000。

(P.E)
俺それはマジで感動して。growのアルバムを出した時、バンドセットでリリースパーティーをやった ※6 んやけど、あんなかっこいいバンドのメンバーたちがM.Aのトラックをかっこいいと言ってくれた。Hip-Hopって楽器できへん、楽譜も読めへん人たちがやるものやから、そういう人が作ったもんをバンドマンが認めるのはすごいなって。

(M.A)
あの時はたまたま「やりたい」って言ってくれたし、バンドセットでやってもらったんやけど、今回のアルバムでは寄せてる。音源を聴くだけで「これバンドでやってください」っていうのが伝わるくらいバンド感を出してる(笑)。A SEH ONE TONESのメンバーはそれぞれがすごいプレイヤーで尊敬してる。向き合ってセッションする中で学んだ部分はお互いにある。

M.Aのアルバム『ICIN』に収録された楽曲「hate to love feat.iqu」のMV。ヴォーカルでiqu(grow)が、ギターでYuuki Miyamotoが参加している。

(P.E)
そういうクオリティーに来れたのがすごい。

(M.A)
A SEH ONE TONESってすげぇバンドやんか。growのアルバムに参加してもらったり、リリースパーティーに参加してもらった時、サンプリングでも細かいニュアンスまでバンドの良さが表現できるところまでいきたいなって思った。「もっとやれんな」って。

(P.E)
そういう作り方できてきてるよな。

※4 『ICIN』では、ミキシング・マスタリングまでをM.A自らが手掛けている。

※5 AKAI MPC 3000。M.Aが使用しているヴィンテージ・サンプラー。

※6 growの1stアルバムのリリースパーティーでは、京都のレゲエ・バンドA SEH ONE TONESが生楽器でアルバムのトラックを再現した。

PAGE TOP