AMeeT
FEATURE

特集

ミライスカート⁺ 1stアルバム『C3Tones』
発売記念インタビュー
リスタート・トゥ・ザ・フューチャー 後半インタビュー:ミライスカート⁺、関口夏光(agehasprings取締役)、水谷慎吾(Mizutani & Co.,Ltd.代表取締役/アートディレクター)、KOHD(agehaspringsクリエイター)

2021 02 13

4. 今後の目標~世界数か国でのライブ

(中本)
最後に今後ミライスカート⁺が何を目指していくのかを伺ってよいでしょうか。

(児島)
今年、世界10カ国でライブをする予定だったのが、コロナの影響で1カ国しか行けませんでした。こんなに素晴らしい作品を作っていただいたので、行けるようになったら世界中でこのアルバムの曲を歌いたいです。今回、KOHDさんに編曲していただいた『きょうのゆめ』という曲は、ライブでの初披露をヨーロッパの方に現地で聴いていただくためにまだライブでは温存しています。この曲を持って世界に行きたいです。まだライブで披露していないにもかかわらず、アルバムを買っていただいた方からの人気がすごく高い曲です。

(KOHD)
めちゃくちゃうれしいですね。今はじめて聞く話です。

(児島)
今日KOHDさんとはじめてお会いするんですよ。曲を作って下さった方の顔を見ながらお話しするのは、agehaspringsでは玉井さん以外はじめてです。なので、今日はすごくうれしいです。

(関口)
僕らがびっくりした話があって。プレス対応なども全て児島さんが担当されているんですけど、サンプルCDを送っていただいた際に、今回作詞・作曲・編曲で関わったクリエイター全員に1枚1枚手書きのメッセージをいただきました。

(オガワ)
なかなかできることじゃないですよ。

(関口)
スタッフもクリエイターもみんな感動していました。中には旧ミライスカート時代に関わっていたクリエイターもいるのですが、そういったこともメッセージに書いてくださっていました。

(児島)
今までのミライスカートの曲で、agehaspringsの皆さんに作っていただいたけれど、リリースできていない曲がたくさんあるんですね。リリースしてない曲で私が大好きな曲があるので、今回「この曲みたいにしてほしい」というお願いをしたんですけど、そうしたら私が大好きなその曲を作って下さった人が作ってくれて…すごくうれしかったです。

児島真理奈 写真

PROFILE プロフィール

記事の冒頭に戻る

ミライスカート⁺

2014年から“はんなり”&“ポップ”をコンセプトに京都を拠点に活動している児島真理奈による ソロアイドルプロジェクト。(2014年-2016年まではグループとして活動) 2015年メジャーデビュー。2016年には「アイドル横丁夏まつり」「TOKYO IDOL FESTIVAL」「@JAM EXPO」「SUMMER SONIC OSAKA」への出演を果たす。
2017年以降はアジア、ヨーロッパで多数のライブイベントに出演し、海外にも活動の幅を広げている。
2019年、田中食品株式会社のイメージキャラクターに起用され、「ふりかけ大使」に就任。 同年、ミライスカート⁺ の所属事務所にあたる株式会社aoi loco festaを設立しメンバーの児島自身が代表取締役に就任。 株式会社agehasprings系列のグループ会社になる。
京都府警やJリーグ京都サンガF.C.ともコラボし、地元のイベントにも出演。 “古都・京都”を感じさせる凛とした佇まいとライブパフォーマンスを武器に、精力的に活動を行なっている。

ミライスカート⁺公式サイト

agehasprings

音楽×総合クリエイティブカンパニー。音楽プロデューサー玉井健二が 2004年に設立。蔦谷好位置、田中ユウスケ、百田留衣、飛内将大、釣俊輔など、今や日本を代表する音楽ヒットメーカーが多数在籍し、アーティストAimerも所属している。YUKI、ゆず、中島美嘉、JUJU、米津玄師、Official髭男dism、back number、あいみょん、GENERATIONS from EXILE TRIBE、Aimer、少女時代、CNBLUEなどをはじめ、第一線で活躍するアーティストのヒット曲を創出し続け、手掛けたCD及びDVDの総売上枚数は1億枚を越える(2004年~2018年1月時点)。

agehasprings公式サイト

オガワコウイチ

都内を中心に活動している音楽家。ライター、カメラマンなども機会があれば。一番聴いてきたジャンルは恐らくヒップホップだがあまり仕事に生かされていない。
2014年にgoodnight! recordsを設立。おやすみホログラムのプロデュースワークを中心に様々なアーティストをリリースしている。

Twitter

note

PAGE TOP