AMeeT
FEATURE

特集

PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015
『パラ人』インタビュー 吉岡洋

2014 04 01

2015年3月7日~5月10日にかけて京都で開催される国際展「PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015」に向けて、学生らによる新たな出版物『パラ人』が2014年4月から発行されます。なんと約10ヶ月にわたり、のべ二十数回ものミーティングを重ねて制作した第1号の発行直前、編集長を務める吉岡洋さんにパラ人2名がインタビューを行いました。10ヶ月間、なにをしていたの? 中身より先に『パラ人』の裏側をお伝えします。

聞き手:浅見旬、尹志慧(ともにパラ人)
オブザーバー:大久保美紀(『パラ人』連載執筆者、パリ第8大学非常勤講師)
撮影:柳瀬安里 写真提供:PARASOPHIA事務局

1. 『パラ人』?

(浅見)
まず『パラ人』ができた経緯を教えてください。
(吉岡)
PARASOPHIAのアーティスティックディレクターの河本信治さんから、このプロジェクトのプロフェッショナルアドバイザリーボード(※1)のメンバーになってくださいと頼まれて、引き受けたんです。アドバイザリーボードだからアドバイスするだけかと思ったらそうじゃなくて、働かされることがわかった(笑)。それで、ぼくは何ができるだろうと思っていました。最初のアドバイザリーボードミーティングで、「PARASOPHIA」という言葉がまだ耳新しいときに、意見を求められたんです。気になりますよね、造語だから。それでぼくは「〈PARASOPHIA〉は悪い言葉ではないけれど、耳に慣れるというか自分たちの言葉にしていかなきゃいけない。いきなりわけのわからない、しかも外国語の言葉というのは抵抗感を持つ人もいると思うので、〈PARASOPHIA〉という言葉を広める印刷物を1年前からつくったらどうですか?」という提案をしたら、河本さんが「それは素晴らしいからやってください」と。提案をした人はやる(笑)。それがきっかけで始まったんですよね。
任された当初は、ぼくが前に編集長をしていた『Diatxt.』1~8号(京都芸術センター、2000-03)とか、今やっている『有毒女子通信』(MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs/w、2010-最新刊13号)とか、ああいった少人数のグループでやるのかなと思ったんですが、河本さんから学生と一緒にやって欲しいというふうに言われ、今のような形で関心をもった人たちと集まることになりました。ミーティングを何回かしているうちに、「PARASOPHIA」というのは美術展の名前なので、そのまま雑誌名にすると完全に美術展のことをただ伝えるための媒体のようにになってしまうから、ちょっと独立性をもたせたいと思っていました。そしたら学生が「PARASOPHIAのMAGAZINEだからPARAZINEにしましょう」と言ってきたので「それいいやん」となりました。そしてもうちょっと遊ぼうと思って「ZINE」を「人」にした。それが『パラ人』です。

『パラ人』no. 001

『パラ人』no. 001

※1)より優れた芸術祭の実現を目指すことを目的に、アーティスティックディレクターに対して助言・サポートする専門家により構成。


吉岡洋 YOSHIOKA Hiroshi

吉岡洋  YOSHIOKA Hiroshi

京都大学教授(美学・芸術学)、PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015プロフェッショナルアドバイザリーボードメンバー。京都ビエンナーレ2003総合ディレクター、岐阜おおがきビエンナーレ2006総合ディレクターを務める。世界メディア芸術コンベンション(ICOMAG)2011-13座長。批評誌『Diatxt.』(京都芸術センター、2000-03)編集長、長期ワークショップ「meets the artist 2007」『Diatxt./Yamaguchi ヨロボン』(ブイツーソリューション、2008)、『有毒女子通信』(2010-)編集。


PAGE TOP