AMeeT
FEATURE

特集

ART KYOTO 2012
インタビュー 石橋圭吾、森裕一(ART KYOTO実行委員会)

2012 03 28

2009年に第1回が開催され、京都初の現代アートフェアとして注目を集めた「アートフェア京都」。3度目の今年は「ART KYOTO」と新たな名称を打ち出し、会場も規模も大幅に拡大することになった。東日本大震災、原発問題、不況、円高、政治不信など、日本国内の状況が厳しさを増す中、関西に現代アートのマーケットを構築するべく活動を続ける実行委員のお2人に、今回のフェア開催にかける思いを語ってもらった。

聞き手:小吹隆文(美術ライター) インタビュー撮影:石川奈都子

森裕一 石橋圭吾

2年前には誰も今の姿を予想していなかった

――2年前から始まった「アートフェア京都」が、今年から「ART KYOTO」に改称し、内容も大幅にグレードアップします。これは第1回の時点から計画していたのでしょうか。 (石橋)
いえ、まさかこうなるとは誰も思っていませんでした。準備期間も入れたら2年半ほど前ですかね、立ち上げ当時は僕自身も何ができるか分からなかった。僕に比べてアートフェアに関する知識や経験、ノウハウが遥かに豊富である、森さんと井村さん(イムラアートギャラリーのオーナーでART KYOTO実行委員会の一人)に真っ先に相談しました。実務は主に僕がやりましたが、3人で模索しながら過去2年間ホテルモントレ京都でアートフェアを実現しました。続けるうちに周囲からの期待感が膨らんできたので、次はどうしようかとなった時に、井村さんが「石橋君、次は国立京都国際会館でやろう」と。僕自身はどういう形であれ10年間はこのプロジェクトを続けるつもりなので、やり方は年々変化しても構わないと思っています。ただ、これだけの規模になると3人では人数が足りない。そこで、小山登美夫さん(小山登美夫ギャラリー)と小崎哲哉さん(京都造形芸術大学客員教授)にも実行委員会に入っていただきました。それが昨年のフェアが終わってすぐの状況です。
(森)
僕は石橋君から相談を受けた時に、京都に現代美術のアートフェアを作るのはとてもいいことだと思いました。日本のアートマーケットはどうしても首都圏主導になるのですが、京都が持つ役割や優秀な作家を大勢輩出してきた歴史を考えたら、京都にもそういう場が必要です。普段美術に親しむ機会の少ない方にとって、画廊は少し入りにくいみたいですが、アートフェアは誰もが気軽に入れますし、ギャラリー同士や作品の比較もしやすいです。そこでギャラリーとお客様の間を繋ぐことによって、京都の古いものだけでなく、新しいものも知ってもらえる。そういう場として最適ではないかと思います。

アートフェア京都 2011

アートフェア京都 2011 陶ISM 会場風景
copyright : ART FAIR KYOTO 2011 / Hotel Monterey Kyoto / 陶ISM
photo : OMOTE Nobutada

アートフェア京都 2011

アートフェア京都 2011 レセプションパーティー風景
copyright : ART FAIR KYOTO 2011 / Hotel Monterey Kyoto
photo : SASAKURA Yohei


森裕一 MORI Yuichi
(SILVART co.,ltd./
MORI YU GALLERY代表取締役

森 裕一 MORI Yuichi

1968年京都生れ。大阪大学文学部哲学哲学史卒。大阪大学大学院美学修士課程修了。大阪大学大学院美学博士課程単位取得退学。京都、東京に現代美術ギャラリーを展開。東京国立近代美術館で個展を開催し、TOKYO DOME・CITY HALLに9mのオブジェを制作した黒田アキに加え、パラモデル、藤浩志、中山玲佳、小沢さかえ、藤原康博、他総勢20人余りのアーティストを抱えマネージメントを展開。黒田と世界的建築家リチャード・ロジャースの南山城村立小学校でのコラボや黒田と大手前大学図書館CELLルーフガーデンのディレクションを経験。
また「COLORS/VIKTOR&ROLF&KCI」展や「ラグジュアリー」展(2004、2009京都国立近代美術館)オープニング・パーティーをディレクション、京料理菊乃井、イルギオットーネら京都料理会の重鎮がつくる「ひこばえ会」の幹事をする等、現代美術を建築や食との関りにまで広げてきた。最近は海外への進出も多く、世界最大規模のアートフェアART HKにも出展するなど京都から現代アートの世界を拡大中。共著に『京の美学者たち』(晃洋書房)、『黒田アキ/COSMOGARDEN・線と縺れ』(アインズ株式会社/MORI YU GALLERY)がある。

ART KYOTO 2012公式WEBサイト
http://www.artkyoto.jp/

MORI YU GALLERY
http://www.moriyu-gallery.com/


石橋圭吾 Keigo Ishibashi
(有限会社ニュートロン代表取締役
[gallery neutron 主宰])

石橋圭吾 Keigo Ishibashi

1973年、東京生まれ。大学進学を機に京都に移り住んで以後、音楽、写真、デザインなどの分野で活動しながら地元のネットワークを広げ、2001年に新京極三条にカフェ・ギャラリー「neutron」をオープン。以後段階的に発展・増殖を繰り返し、2009年には東京の南青山に「neutron tokyo」をスタート。2011年には惜しまれながら京都本店を閉店し、各地でのアートイベント企画運営・参加のためのバックヤードとしての「FACTORY」を設立。常に世の中に向けてアートの存在を訴えかける意欲的なプロジェクトを打ち出している。「アートフェア京都」(2010, 2011)実行委員会代表、「Kawaii+ 大賞展」(2012)実行委員。

gallery neutron
http://www.neutron-kyoto.com/

ART KYOTO 2012公式WEBサイト
http://www.artkyoto.jp/


PAGE TOP