AMeeT
FEATURE

特集

LANGUEGE
JAPANESE
ENGLISH

世界から注目される京都のゲーム会社
Q-Games インタビュー [前半] (英訳収録)

2011 11 30

今年で設立から10周年を迎える京都のゲーム会社Q-Games。同社は任天堂やSony Computer Entertainment Inc.などの委託開発をする一方で、実験的でスタイリッシュなゲームタイトル「ピクセルジャンクシリーズ」を自社パブリッシュしている。本特集では代表のディラン・カスバート氏と、ディレクターの富永彰一氏へのインタビューを前後半に分けて掲載する(後半は12月公開予定)。前半ではピクセルジャンクシリーズと独自開発した流体シミュレーション技術、そして最新作の『PixelJunk™ サイドスクローラー』についてのお話を伺った。

聞き手:中本真生(&ART企画・編集・広報担当、アーティスト)
インタビュー撮影:木田光重
英訳:ダンケン・フレット(Q-Games)

ディラン・カスバート 富永彰一

1. Q-Games

――Q-Gamesについてお聞かせください。 (ディラン)
会社を設立して今年で10周年になります。当時はほとんどSony Computer Entertainment Inc.(以下、SCE)からいただいた技術/研究系の仕事をしており、ゲーム開発は2003年頃から始めました。初めて制作したのが、祇園祭を見て浮かんだアイデアを元に制作したゲームボーイアドバンスのパズルゲーム『デジドライブ』です。その後『デジドライブ』を制作した流れで、任天堂DSの『スターフォックス コマンド』の開発を担当させていただくことになりました。その頃、自分たちでお金を出せる規模で自社パブリッシュによるゲームを作りたいと考え、『ピクセルジャンク』というシリーズを始めました。

――「祇園祭を見て浮かんだアイデア」というのは、具体的にどのようなものだったのでしょうか。 (ディラン)
『デジドライブ』は交通整理をモチーフとしたパズルゲームです。祇園祭では人の流れを警察がコントロールしますが、その様子をベースにして制作しています。

――Q-Gamesには技術研究チームがありますが、具体的にどのようなことを行っているのでしょうか。 (ディラン)
SCEの最新ハードに関する技術研究を行っています。これまでPS3の背景やミュージック・ビジュアライザー、昔のPSPの技術システムなどを手掛けてきました。最近ではPlayStation®Vitaの仕事もしています。
(富永)
PS3のクレジットにはQ-Gamesのロゴが入っています。

――新しいハードに携わるわけですから、当然技術の難易度も上がると思います。大変なことも多いのではないでしょうか。 (ディラン)
そうですね。でもプログラマーにとって最も楽しみなことの1つは、新しいハードに関わる時のパズルが解けるような感覚です。最新技術を実装するには最新のハードが必要なので、できることの可能性も大幅に増えます。

PS3のトップメニュー

PS3のトップメニュー

PS3に内蔵されているミュージックビジュアライザー

PS3に内蔵されているミュージックビジュアライザー

PS3に内蔵されている地球ミュージックビジュアライザー

PS3に内蔵されている地球ミュージックビジュアライザー


ディラン・カスバート Dylan Cuthbert
(代表取締役)

ディラン・カスバート Dylan Cuthbert

イギリス出身。17歳でアルゴノート・ソフトウェア(現アルゴノートゲームズPLC)にプログラマーとして就職。アルゴノートと任天堂株式会社との契約により、任天堂へ。任天堂でゲームボーイ用ソフト『X』、スーパーファミコン用ソフト『Starfox』の開発に携わる。
その後、ソニー・コンピュータエンターテインメント・アメリカ(SCEA)に入社。SCEAで、ヒーローものアクションゲーム『Blasto』(日本未発表)の開発に携わる。 PlayStation2の開発に携わるためソニー・コンピュータエンターテインメント・ジャパンに入社。PlayStation2の技術デモである『お風呂に浮くアヒルちゃん』を制作。
2001年7月に発売されたPlayStation2用ソフト『ピポサル2001』の開発に携わる。
2001年9月有限会社キュー・ゲームスを立ち上げる。

Q-Games Official Site
http://www.q-games.com/

PixelJunk 公式HP
http://pixeljunk.jp/


富永 彰一 TOMINAGA Shouichi
(開発マネージャ)

富永 彰一 TOMINAGA Shouichi

1995年 ビデオ・マルチメディアコンテンツ制作会社に入社。企画からデザインやムービー制作、プログラミングまで幅広く制作全般を手掛ける。
2003年 Q-Gamesに入社。任天堂 デジドライブ(GBA), スターフォックスコマンド(DS) ではプランナーとして参加。その後、自社パブリッシュによるPS3のダウンロード配信専用コンテンツ PixelJunk™シリーズに携わる。主なディレクション作品は、PixelJunk™ Eden, Eden Encore, シューター、シューター2、サイドスクローラー。

Q-Games Official Site
http://www.q-games.com/

PixelJunk 公式HP
http://pixeljunk.jp/


PAGE TOP