AMeeT
FEATURE

特集

京都発のエクスペリメンタル/エレクトロニカ・レーベル
shrine.jp再始動

2011 10 27

京都に本拠を置き、京都にまつわるアーティストを新鋭クリエイターからイノベイターまで紹介するレーベルshrine.jp。1997年の設立から20枚の音源をリリースし、数年の充電期間を経て本年より本格的に再始動、多くのリスナー/クリエイターから注目を集めている。本記事では同レーベルのフィロソフィー(哲学)や、京都という場所との深い関係性などを紹介していく。また各ページ末尾には2011年11月以降にリリースされる、5タイトルのディスクレヴューを掲載する。

寄稿:中本真生(&ART企画・編集・広報担当、アーティスト)

撮影:久田元太

撮影:久田元太

エクスペリメンタル/エレクトロニカ・レーベル shrine.jpとは

shrine.jpは京都に本拠を置くエクスペリメンタル/エレクトロニカ・レーベルで、自身も電子音楽家として活躍する糸魚健一氏(PsysEx、Ken'ichi Itoi、DJ iToy)により1997年に設立された。
これまでにレーベル・オーナーである糸魚氏のソロ・プロジェクトPsysExの他、dagshenma名義でも活動するhiguchi eitaro氏、curtain of cardsとしても活動する大堀秀一氏の別名義armchair reflection、カナダ在住のノイズ・アーティストgrkzglなどのアルバムをリリース。すでに一定の評価を獲得しているアーティストから、まだ評価が確立されていないような若い才能まで、幅広くリリースする発信型のレーベルとして認知されている。

2006年までに合計20枚の音源をリリースしたが、higuchi eitaro氏の2枚組アルバム『E-D-/K+I+(SRCDR020/SRCDR021)』リリースを最後に活動休止状態となっていた。 このたび2011年10月7日のhiguchi eitaro『pimrico』リリースをきっかけに活動を再開。今後、2週間に1作品のハイペースでCDをリリースしていく予定だ。
新録としては京都在住のシンガーソングライターゆーきゃん、関西を代表するノイズ・アーティスト中嶋昭文氏のソロ・ユニットAube、ダムタイプのメンバーとして知られ、メディア・アート、パフォーミング・アーツなどに関わりながら京都のシーンを牽引してきた山中透氏など、京都を代表するアーティストたちのリリースが予定されている。

若手アーティストとしては、2011年の10月にリリースしたファースト・アルバム『northern birds』が話題となっている京都のミュージシャン/ギタリストpolar M、11月26日に京都のCLUB METROで開催される関西初のATAK Dance Hallに出演するなど、着実に評価を高めている京都の電子音楽家 原摩利彦、アート・プログラムへの参加やデザイン、出版物の制作などを行い、映像と音響のパフォーマンスにも定評があるグループintext(見増勇介、尾崎祐介、外山央)などもリリース予定。
幅広いジャンル、キャリアのアーティストがレーベル・アーティストとなっている。

原摩利彦 Live in Bricolage at mattatoio

原摩利彦 Live in "Bricolage" at mattatoio(イタリア、モデナ)

intext(左から外山央、見増勇介、尾崎祐介)

intext(左から外山央、見増勇介、尾崎祐介)

Disc Review
grkzgl

発売日:2011年11月4日
規格品番:UGCD-SR019

grkzgl/『déglutations』

アナログシンセ、テープループなどを用いて独自のIDMサウンドを構築するカナダ人アーティスト、アレクサンドル・スカルフォネ氏によるソロユニット、grkzgl(ジラクジグル)がCDR作品としてshrine.jpからリリースした同名アルバム(SRCDR019)の再発盤(スカルフォネ氏はリリース当時京都在住)。無機質なリズムにフィルター系、空間系エフェクトが効いたノイズや持続音が重ねられたサウンドは、70年代後半から80年代初期にかけてのThrobbing Gristleを想起させるような呪術性を放っている。クラッシックなIDMのアイデアだけでなく、現代的なエレクトロニカのアイデアが盛り込まれているところが興味深い。



中本真生 Nakamoto Masaki

中本真生 Nakamoto Masaki

1983年生まれ。愛媛県新居浜市出身、京都在住。京都嵯峨芸術大学造形学科油画専攻修了。2009年同会社で「京都で活躍するアーティストと社会をつなぐ」ことをコンセプトとしたWEBサイト"&ART"を立ち上げ、企画・編集・広報などを担当している。また自身もアーティストとして"なかもと真生"名義で活動。廃棄物を使用した大型作品の発表を中心に、大原美術館(倉敷)での『AM倉敷Vol.6 なかもと真生 Structure of nothingness』や、家屋全体を利用した空間展示など、精力的に活動を展開している。


PAGE TOP