25, Sep 2017

AUBE 初期作品の再来 / 中嶋昭文さんの情熱と創造の姿勢 後編

執筆:坂口卓也(音楽愛好者)

京都で無くしては生れ得なかった、中嶋昭文さんのソロ・ノイズ・ユニットAUBE。昨年来のshrine.jpによるCD化により、’90年代から’00年代を疾走した彼の初期カセット音源を楽しめる情況が到来した。最良の音源を用いた再発なので、作品の魅力を存分に堪能することが出来ると思う。東瀬戸悟さん(レコード店Forever Records店長、レーベルaugen/hörenオーナー)のご紹介で、今般AUBEについての記事をAMeeTに寄稿する次第となった。下記構成の1と2を前編として掲載済みであり、後編では3と4を公表させていただく。

  1. ノイズ - AUBEが演奏するノイズという音楽について
  2. 再来 - AUBE音源再発CD化の意味について
  3. 中嶋さんの音創り - AUBEの演奏姿勢について
  4. 連鎖 - 創ることに対する中嶋さんの情熱について

坂口 卓也 SAKAGUCHI Takuya
(音楽愛好者)
東瀬戸 悟 HIGASHISETO Satoru

1955年生まれ。’70年代後期から現在迄、ロサンジェルス・フリー・ミュージック・ソサエティ(LAFMS)関連の著述をAmalgam、Jam、Heaven、宝島、ミュージック・マガジン、G-モダーン、音人など諸誌、および自作ブックレットを介し発表。”Suppression Disorder” をはじめとするAUBE 3作、インキャパシタンツ、ゴミカワフミオ、ソルマニアなどアルケミー・レコードのCD諸作、渚にて最初の3作および頭士奈生樹のセカンド・アルバム、古くはピナコテカ・レコードのカセット群などの解説を執筆。自主レーベルNEURECを興し、好きな音楽を出版している。ブログ 『音薬談』ではLAFMSからブルー・オイスター・カルトまで様々な音楽に言及して来た。

坂口卓也 ブログ 『音薬談』
http://onyak.at.webry.info/


3. 中嶋さんの音創り - AUBEの演奏姿勢について

AUBEの演奏には、「一つの演奏においては、一つの源から発する音のみを用いる」という鉄則が在る。この鉄則を軸に、AUBEの音創りと演奏を描写しよう。最初期の水音源作品、音源多様化の経緯、そして発振器音源が反映する中嶋さんの演奏スタンス、この順で考察を記して行きたい。

a. 水からの始まり

中嶋さんは、’80年からシンセサイザーを基盤とする音創りを始め、趣味としてクラフトワーク、タンジェリン・ドリームなどの作品をカヴァーしていた。’90年にノイズ作品を創り、それを聴いた現代美術家の展示で音楽を担当するよう依頼される(※1)。公での演奏と作品出版はAUBEを名乗る以前、有地左右一さんと笹岡敬さんによる水を用いた展示への寄与から始まった。最初の展示では電子音に水音を合わせる演奏を披露し、併せて『Water 1990』と題したカセットを用意すると完売してしまう(※2)。

’91年には、予め作成したノイズを展示において再生した。そのノイズをカセット『Water 1991』に収め会場で販売すると、これも完売する。彼のノイズは電子音主体の構成を脱却し、水音を基調とする「原AUBE」的音楽へと変化を遂げていた。その後’91年6月に、水音源作品にてAUBEとしてのデビューを果たす(※3)。

最初期のAUBEは、音源として専ら水を用いた。様々な水音から一つを選び、変調させ、水に抱くイメージをノイズとして表現してゆくに連れて中嶋さんは、「この音源は、まだ変幻自在なのではないか」という可能性を実感していたという。自主レーベルG.R.O.S.S.から発表された’92年作『Spin-drift』(波しぶき)と同年出版の第2弾『Drip』(雫、水滴)を比較してみると、それが良く判る。前者が流体特性を持つ水を音で表現したものであるのに対し、後者においては球体と成り打発を奏でる水、しかもリズムを伴いながら音を生み出す水に着目しているのだ。改めて『Drip』を拝聴すると、雫による打発が能あるいは歌舞伎で使われる足の踏み鳴らし、いわゆる「足拍子」そっくりの振る舞いを見せることに驚いた。「本来自分の内には日本的要素が息づいている」と自認して止まない中嶋さんならでは、面目躍如と言って差支えの無い展開だと思う。

一種の音源が持つ様々な特性に着目し、音源に抱くイメージを音楽として丁寧に構成して行く姿勢がAUBEの特徴であった。そして、最初に選ばれた音源が水であったという次第なのだ。

b. 多様化する音源

さて、一つの音源による表現可能性の追求と並行し、中嶋さんは「音源が何であれ、音響粒子として一旦抽出してしまえば皆同じだ」という理念にも目覚めていた。そして、躊躇すること無く、他の多様な音源を応用し始める。彼は、水に続く音源として、全く違うタイプのダイナミクスである電気的振動を有する蛍光灯およびグロー球を選んだ。これらの音源に基づき創生されるノイズの相違を確認するには、今般CDとして再発された『Spindrift』から『Submerged Tension Remix』 へと至るAUBE最初の5作品を聴いていただくのが最適ではないかと思う。これらは全て’92年から’93年に初出の作品であり、AUBEが段階的に独特の演奏理念とスタイルを築いて行くプロセスをそこに辿ることが出来る。

これ以降AUBEが音源として選んだものは、例えばワイヤーなど様々な形状を成す金属、ガラス、紙など様々な物体がある。脳波、血流音、呼吸音などの生体信号も、中嶋さんが医療関係者と交流があったことから音源として応用され、特に脳波を用いた作品は数々演奏された。卓上型占い機や、カラオケ・マイクに仕込まれたリズム・マシン、スピーカーのハウリング音など、彼の発想はとても豊かで、アルバム出版元の希望に応え音源を採用する様な試みも臆せずに行っている。’00年代には、時代の流れと技術の進歩に基づく自然な選択だったのだろう、ラップ・トップ・コンピュータの使用も躊躇しなかった。アナログ・シンセサイザーあるいは発振器の使用も、頻繁に行っている。

ライブ風景(2000年前後/海外ツアー時) 画像提供:東瀬戸悟

ライブ風景(2000年前後/海外ツアー時) 画像提供:東瀬戸悟

c. 限界と創造

今般shrine.jpから出版されたCDには水・蛍光灯・グロー球を音源とする作品群以外に、AUBEとしては珍しい廃墟でのフィールド・レコーディングを音源として用いた『Frequency For Collapse』、これとは逆に代表的音源となった発振器による『E-Power』が収められた。結果としてシリーズの内容が変化に富むものとなった点は、本当に面白い。

さて発振器だが、これを用いる際中嶋さんは「1VCO(voltage controlled oscillator)」という言葉で音源を表現した。筆者は非常階段/インキャパシタンツの美川俊治さんとその理由について意見を交換し、その結果「シンセサイザーはフィルター、アンプなど複数の部分から成立する機器であり、VCOはその部分にしか過ぎない。そのVCOを1台使うだけで、これだけの作品を創ることが出来る」という意気込みの表れなのだろうという合意に達している。中嶋さんには、限界に挑戦することで自身の能力発現を高める姿勢を感じる局面が少なくない。この姿勢こそ、精緻でありながら狂おしい情念で聴く者を包み込む「激情のアンビエント・ノイズ」につながるものだと言える。

※1)これらの情報は全て、筆者への私信において中嶋さんが記されたものである。

※2)ライヴと同様の演奏をスタジオで録音したものと想像される。収録トラックは7つ。電子音主体の音楽でありタンジェリン・ドリームを想起させるメロディが随所に存在する。後に『Water 1991』と共にフランスのKokeshidiskからCD-Rとして再発された。

※3)中嶋さん同様京都に住んでいた手島美智雄さんが主宰するVanilla RecordsのコンピレーションEPレコード3枚セット『Come Again 戯れ』に提供した水音源作品、「Torpedo(シビレエイ)」である。


4. 連鎖 - 創ることに対する中嶋さんの情熱について

AUBEのライヴを初めて見たのは、’92年。ロサンジェルス・フリー・ミュージック・ソサエティ(LAFMS)のジョン・ダンカンが来日し、大阪のベアーズで行ったアクションに招待された時のことだ(※4)。それが水を音源とする演奏だと後で知ったのだが、AUBEのライヴは庭一面に棲息する植物の世話を丹念に行う様な、或いは盆栽を剪定し愛でている様な、得も言われぬ面白い作業だった。

その後’95年1月17日、阪神淡路地区は未曾有の大震災に見舞われる。天災としての脅威はもちろん、被災者救済に行政の不備が散見され人々の生活は大きく脅かされた。

私の義弟にあたる山村雅治さんは兵庫県芦屋市で被災したのだが、行政のあり方、被災した人々を支援する姿勢に大きな疑問を抱き被災者支援の立法を目指す運動を始める。その際に、当時彼が運営していたJR芦屋駅前にある山村サロンが拠点となった。サロンでは市民を起点とする立法を目指す会合が催され、被災者復興支援のチャリティ・コンサートが様々な形で行われている。それを見て私も何か出来ることは無いかと考えていた時、3年前にベアーズで見たAUBEによる水音源のライヴを想い出した。

阪神淡路大震災は様々なライフ・ラインを浮き彫りにしたが、その最たるものこそ水であったろう。水をあんな風に慈しむ演奏を被災された方々に聴いて貰いたいと想い中嶋さんに打ち明けてみると、殆ど話をしたことも無い間柄だったのに私が模索していたコンサートへの出演を快諾してくださった。そして’97年の5月、大震災から2年が経過し、復興支援のチャリティ・コンサートも余り行われなくなった頃、AUBEのコンサートがサロンで行われた。三十数名の参加者があり、募金を行ってくださっている。

この日、私は表現者としての中嶋さんが持つ熱意を目の当たりにして驚いてしまう。彼はわざわざ高さ50cm程もある水槽を2つ用意し、水を泡立てて発生する音を拾い変調させるという演奏を行った。特別なセッティングであり中嶋さんの意気込みが如実に伝わって来るものだったが、それだけには止まらず来場者へのプレゼントとして魚の絵がラベルに印刷されたカセット・テープを33本用意してくれたのだ。コンサート前夜に作ってくださったもので、しかもビニール袋に密封したカセットを「水を満たした金魚すくいの袋に入れて持って帰って貰いましょう」という遊び心まで伴って。「粋人とはこういう人のことを言うのだな」と、深く感じ入った。楽しむことは忘れないが、一切の努力を惜しまない。限界など最初から意に介さず邁進する姿勢に、彼の情熱が表れていると思う。

阪神淡路大震災復興支援チャリティ・コンサートのフライヤー
阪神淡路大震災復興支援チャリティ・コンサートのフライヤー
阪神淡路大震災復興支援チャリティ・コンサートのフライヤー

中嶋昭文さんがデザインされた、阪神淡路大震災復興支援チャリティ・コンサートのフライヤー。
上から1998年、1999年、2000年。
画像提供:坂口卓也

コンサートは昨年に山村サロンが閉館するまで、20年にわたり行われた。渚にて、頭士奈生樹、高山謙一、小池克己、林直人、石上和也、美川俊治、小林旅人、穂高亜希子、Veltz、炭鎌悠、冷泉、真﨑めぐみ、赤石拓海、.es(ドット・エス)、各氏のご出演を賜っている。福本整、リック・ポッツ(LAFMS)、スメグマ(LAFMS)、ジェニー・ゲイザー、スティーヴ・トムセン(LAFMS)、シェリー・パーカー、アンドリュー・チョーク、鈴木大介、能勢山陽生、菊池行記の諸氏からは、それぞれ多様な形でのご協力を戴いた。全ては、中嶋さんが損得など抜きでコンサート出演を快諾してくださったことに始まる。彼の情熱は音楽だけでは無く、こうした情況を創生するものであった。’02年までコンサートへ参加され、その後も様々な形で支えてくださっている。

AUBEの演奏を最後に見たのは、’03年(※5)。翌年から中嶋さんは周囲との連絡を絶ち始め、凄まじい勢いで行われていた作品の出版も減速する。ライヴも稀となったAUBEではあったが、中嶋さんは個人として無声映画の時代劇にライヴでサウンド・トラックを合わせる演奏を行っていた様だ。それを褒められると嬉しそうに微笑まれた、という話を伝え聞いている。いつも中嶋さんは新しいことに挑戦していた、そう断言して差支えないと思う。

先日東京でSiren Recordsを主宰されている鈴木大介さんと中嶋さんについて話していた時、彼は大切なことを指摘してくれた。中嶋さんの穏やかな佇まいと見事な作品の装丁から我々は冷静であり整然とした印象を彼に抱いてしまうが、その演奏には荒れ狂う様な激情が溢れている。技術的限界があるからこそ、そして音が思い通りに振る舞わないからこそ中嶋さん自身の内に苛立ちにも近い情念がチャージされてしまう。中嶋さんはこれを単なるフラストレーションに留めるのでは無く、挑戦的で寧ろポジティヴなものに昇華させるのだと彼は言った。そして、情念と限界の鬩ぎ合いが臨界点に達した究極の高みで音楽を成立させてしまうのだ。

もし中嶋さんがご存命であったとしたら、常に新しい限界に立ち向かい目的の達成を試行していると思う。「何が出来るか」ではなく、「何を目指すか」が彼には重要だった筈だ。情熱は旺盛なのに、「たいしたことじゃありません」なんて言いながら飄々と作業をこなし続けているに違いない。
(協力:東瀬戸悟、shrine.jp http://www.shrine.jp/

※4)そのライヴを主催されたのが、本稿を記す契機を作ってくださった東瀬戸悟さんである。彼の言では、前年にデビューしたAUBEがベアーズに登場したのはそれが最初だったという。

※5)このライヴの場所は筆者が初めてAUBEを見たベアーズであり、主催者がその時の出演者の一人山崎マゾさんだった。さらに、中嶋さんを知るきっかけを作ってくれたジョン・ダンカンと同じLAFMSのソリッド・アイ、後にチャリティ・コンサートの調整を引き継いでくださる石上和也さんが共演されている。縁とはそういうものなのだと思う。


shrine.jp 再発CDリリース情報

AUBE 中嶋昭文が、自身のレーベル「G.R.O.S.S.」から90年代にリリースした初期カセットテープ作品7タイトルを、京都のレーベル shrine.jpがCDにて再発。

Aube 『Spindrift』

再発第1弾は水音を素材にした1992年作『Spin Drift』。

2016年11月17日リリース ¥2,000(税別) SGR-001

Aube 『Drip』

再発第2弾。前作『Spin Drift』(しぶき)に続き、水音をマテリアルにした1992年作『Drip』(しずく)。美術作家、笹岡敬の個展時に行なったライヴ・パフォーマンスの録音を加工。スピーカーからしたたり落ちる電子ノイズ雫。

2016年12月15日リリース ¥2,000(税別) SGR-006

Aube 『Luminous』

再発第3弾はAUBE活動初期に親交が深かった美術作家、有地左右一と笹岡敬によるインスタレーション『Luminous』から生まれた1993年作。変圧して意図的に切れかけの状態にした蛍光灯と点灯管の点滅音をマテリアルにしたフリッカー・ノイズ音響。

2017年1月15日リリース ¥2,000(税別) SGR-011

Aube 『Flash-Point』

再発第4弾はAUBE活動初期に親交が深かった美術作家、有地左右一と笹岡敬による蛍光灯の点滅を題材にしたインスタレーション『Luminous』への音響制作参加を発展させ、大阪造形センターで行ったライヴ・パフォーマンスを収録。変圧した点灯管の音を素材に使用。録音はDiesel Guitar 能勢山陽生。

2017年2月9日リリース ¥2,000(税別) SGR-016

Aube 『Submerged Tension Remix』

再発第5弾は、1993年に、岡崎豊廣(ディスロケーション)のレーベル「Steeple & Globe」からリリースした1992年録音作『Submerged Tension』のリミックス版。音源マテリアルは初期AUBEが繰り返し使用した水音。

2017年3月16日リリース ¥2,000(税別) SGR-021

Aube 『Frequency For Collapse』

再発第6弾。美術作家しばたゆりが、岡山の廃ビルにあったアート・スペース「自由工場」内で、1993年から1994年末のビル解体に至るまで、ワイヤーを張り巡らせたインスタレーション『崩壊の周波数』設置時にフィールド採集した音源を加工。

2017年4月16日リリース ¥2,000(税別) SGR-026

Aube 『E-Power』

再発CD化第7弾にして最終リリース作。1つの電圧制御発信器(VCO)だけを音源に使用した1994年作。オリジナル・カセットのアートワークは1点づつ異なる廃棄レントゲン写真を再利用。タイトルは中嶋氏が敬愛していたEP-4へのオマージュ。

2017年5月21日リリース ¥2,000(税別) SGR-031


関連イベント情報

関連イベント:AUBE再訪

ソロ・ノイズ・ユニットAUBEとして’91年から精力的活動を行い、京都ならではの美学を国際レベルで提示した中嶋昭文さん。惜しくも、4年前に他界されました。レコード店Forever Records店長およびレーベルaugen/hörenのオーナーでありAUBEデビュー以前から中嶋さんと関西ノイズ・シーンをつなぐなど深く交流して来た東瀬戸悟さんの呼び掛けで、中嶋さんの業績を振り返る催しが大阪のFUKUGAN GALLERYで3年前に行われています。しかし凄まじい速度で時代を駆け抜けて行った中嶋さんの残した業績は余りにも膨大で、その評価は到底一度二度で為し得るものではありません。彼の業績への敬意そして創作に対する熱意を惜しむ声は今も絶えず、ようやく昨年から京都のshrine.jpによるAUBE初期作品の再発が始まりました。
この度、3年前と同じFUKUGAN GALLERYにおいてこの再発にまつわる話題を中心として中嶋さんについてのトークを縁のあった人々が行ないます。震災の復興を支援するチャリティ・コンサートの主催などを通じて中嶋さんと交流し、アルバム解説などでAUBEの紹介を行った坂口卓也。そして、前述の東瀬戸悟さん。アルケミー・レコードでAUBE作品のデザインを手掛けもした関西ノイズ・シーンでの盟友、変異ギターの帝王ソルマニアの大野雅彦さん。国際的に活躍する電子音楽家であり、中嶋さんが現場指揮を執っておられた前記チャリティ・コンサートの作業を受け継いだ石上和也さん。このメンバーによるトーク、そして大野さんと石上さんによるソロ・ライヴを実施いたします。

イベント名: AUBE再訪
日 時: 11月11日(土) 16:00~
会 場: FUKUGAN GALLERY(〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋1-9-20 4F)
電話/ファクシミリ 06-6253-3266
http://www.fukugan.net/
出 演: トーク:大野雅彦/石上和也/東瀬戸悟/坂口卓也
ソロ・ライヴ:大野雅彦/石上和也
参加料金: 1,000円(資料付き)
企 画: 坂口卓也
主 催: 坂口卓也、FUKUGAN GALLERY
協 力: 東瀬戸悟、大野雅彦、石上和也
公式サイト: http://www.fukugan.net/jpegbox/topFrameset.html

AUBE 初期作品の再来 / 中嶋昭文さんの情熱と創造の姿勢 後編

Category: Column





PAGE TOP