タイムベースド・メディア・インスタレーション作品『HUMAN EMOTIONS』の修復・再制作に関する資料と議論 第1回(全4回):作品概要と制作履歴

22, Dec 2017

タイムベースド・メディア・インスタレーション作品『HUMAN EMOTIONS』の修復・再制作に関する資料と議論 第1回(全4回):作品概要と制作履歴
―その作品が、その作品たり得る境界はどこなのか

AMeeTでは、美術家 山城大督によるタイムベースド・メディア・インスタレーション作品『HUMAN EMOTIONS/ヒューマン・エモーションズ』の修復・再制作に関する資料及び議論を4回に分けて掲載する。本記事の目的は2つ。1つは作家不在で再制作をしなければならない状況を想定し、記事制作を通してできる限り必要な情報を整理すること。もう1つは作品の同一性について、すなわち「その作品が、その作品たり得る境界はどこなのか」について対話・整理することで、作品の本質を明らかにすることだ。第1回目となる今回は本記事制作のきっかけとなった同作の修復・再制作に対する問題意識や、再制作における解釈のための資料としても、インタビューパートを理解するうえでも重要な作品概要及び制作履歴を掲載する。


PAGE TOP
東アジア文化都市2017 京都「アジア回廊 現代美術展」:アーティストインタビュー後半

16, Sep 2017

東アジア文化都市2017 京都「アジア回廊 現代美術展」:アーティストインタビュー後半
インタビュー:花岡伸宏、ヒョンギョン、ルー・ヤン

現在開催中の、日中韓アーティスト25組を紹介する現代美術展「アジア回廊 現代美術展」。AMeeTではその参加アーティストの中でも比較的若い3人、花岡伸宏、ヒョンギョン、ルー・ヤンへのインタビューを前後半に分けて掲載する。全編を通して3人を対比することで、芸術の多様性が浮き彫りになっている。その多様性は、そのまま「個人と社会との関係における多様性」であると捉えることができる。


PAGE TOP
東アジア文化都市2017 京都「アジア回廊 現代美術展」:アーティストインタビュー前半

05, Sep 2017

東アジア文化都市2017 京都「アジア回廊 現代美術展」:アーティストインタビュー前半
インタビュー:花岡伸宏、ヒョンギョン、ルー・ヤン

現在開催中の、日中韓アーティスト25組を紹介する現代美術展「アジア回廊 現代美術展」。AMeeTではその参加アーティストである3人、花岡伸宏、ヒョンギョン、ルー・ヤンへのインタビューを前後半に分けて掲載する。クロストークも交えながら、全編を通して3人を対比することで、芸術の多様性が浮き彫りになっている。その多様性は、そのまま「個人と社会との関係における多様性」であると捉えることができる。記事後半は9月下旬公開予定。


PAGE TOP
てあしくちびる インタビュー

24, Jul 2017

てあしくちびる インタビュー
“2017, In the place to be” 後半

足利が生んだバイオリンとアコースティックギターのデュオ てあしくちびる。AMeeTでは同ユニットのメンバーkawauchi banri、くっちーへの、約20,000字に及ぶロング・インタビューを前後半に分けて掲載する。このインタビューはてあしくちびるの「今」を切り取ることをテーマにしているが、後半となる本記事では、地域性に関して今思うこと、「表現することの意味」に対する考えや、その考えに強い影響を与えたエピソードなどについてお話を伺った。特に「表現することの意味」に対する考えの違いからは、てあしくちびるが持つオリジナリティーの根底にある2人のバランスを垣間見ることができる。


PAGE TOP
世界を信じるための映画 『ギ・あいうえおス 他山の石を以って己の玉を磨くべし』

16, May 2017

世界を信じるための映画 『ギ・あいうえおス 他山の石を以って己の玉を磨くべし』
インタビュー:柴田剛 ゲスト・インタビュアー:山城大督

『おそいひと』『堀川中立売』などで、国内外の賞を受賞してきた映画監督 柴田剛の、7年ぶりとなる新作映画『ギ・あいうえおス 他山の石を以って己の玉を磨くべし』。この映画は空に浮かぶ謎の発光体を追ったロードムービーだ。本記事では、同映画のチャレンジングな制作手法、柴田氏が謎の発光体を追うきっかけとなった出来事やそのモチベーションなど、様々なお話を伺った。きっかけやモチベーションの話では、この映画のテーマでもある「3.11以降における“信じる“ということに対する柴田氏の意志」にも話題が及んでいる。


PAGE TOP
てあしくちびる インタビュー

14, Apr 2017

てあしくちびる インタビュー
“2017, In the place to be” 前半

足利が生んだバイオリンとアコースティックギターのデュオ てあしくちびる。AMeeTでは同ユニットのメンバーkawauchi banri、くっちーへの、約20,000字に及ぶロング・インタビューを前後半に分けて掲載する。前半となる本記事では、曲作りのプロセスやテーマ、「伝える」ということ、活動初期からセカンドアルバム制作にかけての表現の変化などについてのお話を伺うことで、てあしくちびるの「今」を切り取った。また、その独自性の高い音楽を読み解くために、音楽面での二人の関係性についても言及している。「表現する」ということに対する考えや、地域性に関して今思うことなどについて伺った後半は2017年5月公開予定。


PAGE TOP

Backnumber category: Feature

1/10


PAGE TOP