08, Nov 2016

日本盆栽「小さな巨木」
-盆栽を体感する

川﨑仁美(盆栽研究家)

京都と盆栽

図1 黒松(貴重盆栽) 樹高:68cm 樹齢:約200年 鉢:常滑長方  写真/市川靖史

図1 黒松(貴重盆栽) 樹高:68cm 樹齢:約200年 鉢:常滑長方 写真/市川靖史

私が盆栽を始めた1998年以降で、一般からの盆栽への視線が今最も熱いように感じる。海外でのBONSAIブームが大元ではあるが、国内でもその波に乗って新しい盆栽なる物から、グッズ、アイドルグループまで破竹の勢いで発表され続けている。メディアによる私の扱いも、「盆栽が好きな変な子」から「元祖盆栽女子」へと市民権を得られるようになった。

今、ニュースで主に紹介されているのは埼玉県大宮市。ここには老舗盆栽園が集まった「盆栽村」なるメッカがあるからだ。元々東京の団子坂(文京区千駄木)周辺には植木職人が多く住んでおり、明治にはそこから盆栽の専門職人になる者も現れた。1923年の関東大震災を機に盆栽業者達は、盆栽育成に適した広く、清涼な水・空気がある土地を求め現地に移り住む。1925年には自治共同体としての大宮盆栽村を形成し、開村91年目を迎えている。2010年には日本初の公立の盆栽美術館「さいたま市大宮盆栽美術館」も完成した。さらに来年は23年ぶりに日本で盆栽のオリンピック『第8回 世界盆栽大会』(2017年4月27日〜30日、埼玉)が開催される。国内外の熱心な盆栽ファンや観光客からも注目されており、約7万人の動員が見込まれ、経済効果も約5億円と想定されている。

関東主流に威勢が良いが、明治以前の主流は実は上方(京都・大阪)にあった。中国起源の盆景(ぼんけい)(※1)が日本に入ってきたのは平安時代と考えられ、鎌倉時代の絵巻物にはそれを模した盆山(ぼんさん)(※2)、鉢木(はちき)(※3)が描かれている。室町時代には足利義政、戦国時代には織田信長が京都の社寺から盆山を集めさせたという記録も残っている。現在の盆栽は江戸時代後半、上方を一世風靡した文人盆栽(※4)(中国趣味)を踏襲して確立された。盆栽は京都で育まれた歴史が最も長く、私が京都で盆栽を研究する意味はここにある。ビジネスキーワードBonsaiとして多様なものが生み出されている今こそ、原初に帰ることが必要なのではないかと考えている。

※1)中国では盆栽、鉢に植えた樹を盆景と呼ぶ。

※2)器に石や草木で山景や仙境(仙人が住むと言われる理想郷)を模したもの。

※3)鉢に植えた樹。現在の盆栽に近い鉢植え。

※4)江戸時代後半に、京都・大阪の文人の間で流行した中国趣味の盆栽。中国から輸入した美術品や中国風の煎茶と共に愛好された。


川﨑 仁美 KAWASAKI Hitomi
(盆栽研究家)
川﨑 仁美 KAWASAKI Hitomi

1980年京都生まれ。高校3年生から盆栽雑誌のナビゲーターを務める。
その後独学し、2002年より「現代盆栽」を主宰。国内外で盆栽の解説・キュレーションを行う。
2009年より「日本盆栽大観展」(11月、京都)の広報・解説ツアーの企画担当。
10年間のフィールドワークを経て京都工芸繊維大学大学院に入学、2012年修士課程修了。現在博士課程に在学し美術の観点から盆栽研究を行う。
2014-2015年、米国 エドワード・C・ジョンソン財団(フィデリティ証券)の奨学金を得てアメリカ、イギリスに園藝留学。各国の園藝技術・思想・運営を学ぶ。
2016年 Googleの美術工芸アーカイヴ「Google Cultural Institute」盆栽項の監修&執筆。
横浜 春風社より著書を刊行予定。

photo:Tetsuya Hayashiguchi


盆栽とは何か

図2 鉢植えから盆栽へ 写真/林口哲也

図2 鉢植えから盆栽へ 写真/林口哲也

盆栽もお茶の世界と同じく100人いれば100通り、百人百様の好みの世界。盆栽は見る者の解釈にゆだねられるので「自分の好みを知っているか」がまず鍵になる。定義はナンセンス、という玄人さんが多い上に流派もないため、一般には解りにくい世界になっていることは否めないが、解り始めると底なしの面白世界が待っている。有るようで無い、無いようで有るのが「形」でもある。素人にとっては目安になる道標、玄人にとっては原点回帰の道標として機能するのが理想と据え、私の活動の主である講演・解説ツアーではサイズ・樹種・樹形、鉢植えを盆栽に仕立てる技術工程、樹造りや鉢合わせの意味を解説している。自己流ではあるが自身が盆栽か否かを判断している時に用いる基準を宣言として紹介する。

「現代盆栽」宣言

  • 自然への敬意があるか
  • 命の継続が図られているか
  • 「小さな巨木」という仕掛けがあるか

盆栽鑑賞のススメ

盆栽には「育てる」「鑑賞する」という2つの楽しみ方があるが一般的には育てる楽しみしか知られていない。育てることが今は難しいという方のために日本盆栽大観展(※5)では毎日解説ツアーを行い盆栽鑑賞を推進している。まずは見て知っていただくところから。

ポイントを踏まえた鑑賞法を実践すると自分より小さいはずの盆栽が巨木に感じる瞬間がやって来る。「盆栽は体感するもの」なのである。地道な活動ではあるが、履歴書の趣味の欄に「盆栽鑑賞」と書く人が多くなれば盆栽の世界も面白くなると信じている。

盆栽という「道」は自分を極めるための道でもある。自分にフィードバックさせる仕組みこそが日本文化と言われるものなのかもしれない。

※5)毎年11月に京都市勧業館(みやこメッセ)で開催される西日本一の盆栽展。戦前から続く日本一の『国風盆栽展』(東京都美術館、2月)と共に「東の国風、西の大観展」と称され、いずれも全国の名品が一同に陳列される。国風展は品評会要素が色濃く精鋭ぞろい、大観展は品評会要素もありつつ、愛好家の好みが伺える席飾りを持ち味にしている。今年の大観展の情報は次ページ参照。


展覧会情報

『第36回 日本盆栽大観展』

『第36回 日本盆栽大観展』
会 期: 2016年11月19日(土)—11月22日(火)
開催時間: 午前9時 —午後4時30分(最終日は午後4時まで)
会 場: 京都市勧業館「みやこめっせ」
左京区岡崎公園内 075(762)2630
観覧料: 当日900円、前売り800円、小学生以下無料、団体割引(20名以上)800円
同時開催: 盆栽・道具・専門用品の大即売市
盆栽解説ツアー: 「盆栽鑑賞のススメ」盆栽職人+川﨑仁美(盆栽研究家)がご案内いたします
(毎日14時30分から、約30分)参加無料
WEB: https://www.facebook.com/nihonbonsaitaikanten/
主 催: 日本盆栽大観展組織委員会、日本盆栽協同組合、京都市、京都新聞、KBS京都/後援:農林水産省、文化庁、外務省、京都府、滋賀県、(一社)日本盆栽協会、(一社)日本皐月協会、(公社)全日本小品盆栽協会、(一社)日本水石協会、日本皐月協同組合、日本小品盆栽組合、日本水石組合、(公社)京都府観光連盟、(公社)京都市観光協会、NHK京都放送局/協賛:コカ・コーラウエスト(株)、(株)近代出版、(株)エスプレス・メディア出版
第33回 日本盆栽大観展 映像作品「33rd Nippon Bonsai Taikanten」2013

写真家と音楽家の友人が「第33回 日本盆栽大観展」の映像作品を制作してくれました。全172席、1席1枚という掟を課して、ビビビンとくる箇所でシャッターを切る。そこに音が吹き込まれました。同じものを見ていても、共感と疑問とこんなのあったっけ?!という驚きがある。人の視点は面白い。

時間:04:40 
写真:林口哲也 
音楽:イマイケンタロウ


日本盆栽「小さな巨木」
-盆栽を体感する

Category: Column





PAGE TOP