Languege |Japanese|English

13, Jan 2014

音楽と世界―共感覚的に接続する(英訳収録)

サウンドとビジュアルの融合による共感覚的な表現を軸としたスタイルで、インスタレーションなどを制作するアーティスト・ユニット 井浦崇+大島幸代。今回は井浦氏、大島氏に近年の作品と、それらの作品に通底する制作理念をご紹介いただいた。

寄稿:井浦崇+大島幸代(アーティスト)
英訳:hanare

私たちの作品は音楽からインスタレーションまで多岐に渡ります。京都市立芸術大学在学中に、構想設計という表現技法の制約がない専攻で映像作品を作り始めて、その後作曲・サウンドデザインなどへ制作の幅を拡げていきました。音楽とは何か、視覚的な要素と音楽的な要素がどのように結びつくと面白いのか、そしてそれは今、どのように価値づけられるか―といったテーマで作品制作をしています。

共同制作を始めたのは2004年以降です。Otograph(オトグラフ)という名前で音楽制作を中心に活動しました。Otographとは、サウンド(oto=音響)とビジュアル(graph=絵画、映像など)表現の融合を表す造語です。私たちは美術科に在籍していましたが、それぞれが既に音楽の技術を持っていたので、自然と共感覚の概念に関心を持ちました。

ここで、共感覚について補足しておきたいと思います。共感覚とは本来、異なる感覚のインプットとアウトプットが混線することによって起こる感覚現象(例えば色を見て音を感じる、音楽から色をイメージするなど)ですが、感覚のオートマティックな置き換えだけではクリエイティヴな表現にはなりません。私たちの関心は、様々なイメージを結びつける感性と技術で、これまで知覚できなかった何かを表出させるような共感覚的表現にありました。

現在は映像と音響の両方を扱う作家が少なくありませんが、Otographとして制作を始めた当時は珍しく、共感覚をテーマとしている例はまだなかったように思います。デジタルベースの制作環境が整ったことで、音響と画像をビット情報に変換することが容易になり、二つの要素を同時に扱うことが可能になってきた時期でした。「見えるものと聴こえるものを結ぶ感性で世界を捉えた時、これまで知覚できなかった何かを表出させることができるのでは」と考えていました。

当初は形や色と音響との純粋な関係性をテーマにしていました。自分たちの興味が音そのものだけではなく、音楽や音楽的なものに移ってからは、人間をとりまく環境を解析して作ったものと現実のものを対比させて制作しています。というのは、音楽の性質―組織化された音の展開―は、特に自然現象とのつながりがあると感じたからです。現在は、音楽の持つ時間的特性に対応するものとして、植物の生長をテーマに取り入れています。植物の生命活動のシステム、人間とは異なる時間感覚は、作品に感覚同士の置き換えだけでは得られない複雑性や偶然性を与えてくれると考えています。
(こういった美術作品については「井浦崇+大島幸代」の名前で発表しています)

次に、近作からインスタレーション展示を行った順に抜粋してご紹介します。


井浦 崇 + 大島 幸代
Takashi IURA + Sachiyo OSHIMA
井浦 崇 + 大島 幸代

2004年より共同制作を始める。ギャラリーなどでのインスタレーション展示の他、Otograph(オトグラフ)としてオーディオ/ビジュアルライブパフォーマンスを行っている。2008年、PlayStation3ゲームのために制作したサウンドトラックは、PlayStation Networkでワールドリリースされた最初のオーディオアルバムになった。

井浦 崇 Takashi IURA
京都府生まれ。京都市立芸術大学大学院美術研究科博士課程学位取得。現在、関西大学総合情報学部准教授。

大島幸代 Sachiyo OSHIMA
兵庫県生まれ。京都市立芸術大学美術学部構想設計卒。現在、関西大学総合情報学部非常勤講師。

Otograph WEBサイト
http://www.otograph.net


Languege |Japanese|English

13, Jan 2014

音楽と世界―共感覚的に接続する(英訳収録)

サウンドとビジュアルの融合による共感覚的な表現を軸としたスタイルで、インスタレーションなどを制作するアーティスト・ユニット 井浦崇+大島幸代。今回は井浦氏、大島氏に近年の作品と、それらの作品に通底する制作理念をご紹介いただいた。

White noise white wave
形 式: 個展
会 場: アートスペース虹
会 期: 2010年3月

波打ち際に沿って歩き、空や海を眺めること。また、波音と砂の動きを観察すること。誰もが経験するであろうその記憶と感覚は、海以外の場所でも想起される。大通りに面したギャラリーからガラス越しに外を眺めている時、ふいに象徴的な海のイメージが現れた。海ではない場所で海を感じさせるような特徴的な光や環境音を、コンピュータグラフィックスとサウンドで再構成した「ある海の景色」。(2010年3月 制作ノートより)

この作品は、通りに面したスペースに設置されました。日常風景から抽出された特徴的な音や光の揺らぎがトリガーとなって、海の映像がリアルタイムに変化していきます。視界に入ってくる光景とプログラミングされた映像の効果でインタラクティヴな共感覚的体験をつくろうとしました。

sample1

Photo : Tomas Svab

sample1

Photo : 表 恒匡

mirror(45.33.28 148.45.14 /20.25.31 136.04.11 /24.26.58 122.56.01 /24.16.59 153.59.11)
形 式: 個展
会 場: ギャラリーwks.
会 期: 2011年9月

この作品では、日本の山々を膨大な量の標高データを使って再現しました。連続する数値がつくる山のボリュームに、日本の自然のかたちをよりシンプルに視ることができます。 そして、その存在が人間に何を与えてくれるかを考察しました。(2011年9月 制作ノートより)

国土地理院の発行する標高データから、36万ポイントをサンプリングしてコンピュータグラフィックスをつくりました。それをコンピュータ上のカメラで空撮するように描いています。データでつくられた山のかたちと人間の目に映る実際の山の風景は異なるパースペクティブとなっていて、デジタルでつくられたものと現実のものを対峙させると不思議な感覚が生まれます。標高のサンプリングポイントはサウンドにも変換されています。

sample1
sample1

Languege |Japanese|English

13, Jan 2014

音楽と世界―共感覚的に接続する(英訳収録)

サウンドとビジュアルの融合による共感覚的な表現を軸としたスタイルで、インスタレーションなどを制作するアーティスト・ユニット 井浦崇+大島幸代。今回は井浦氏、大島氏に近年の作品と、それらの作品に通底する制作理念をご紹介いただいた。

water's edge
形 式: 個展
会 場: アートスペース虹
会 期: 2012年9月
作品名: lily pads

インスタレーション"water's edge"では、水辺の風景を音楽的に再構成しました。睡蓮の葉のかたちや連続する配置からは音楽性を感じることができますが、作品<lily pads>では、実際にそれを耳で聴くことができるように音楽へと変換しています。共感覚的な「音楽」を、音そのものを必要としない、ある規則でコントロールされた時間および空間と仮定し、植物の造形から「音楽」を抽出することを試みました。ここでは、睡蓮の葉を楽器や楽譜に見立てて、大きさが音の高低を、切れ目の角度が音階を決定しています。自然物を楽譜に用いただけでなく、“演奏”パフォーマンスのできるクオリティでオリジナルの楽器を組み立てました。

sample1

Photo : Tomas Svab

connect with
形 式: 個展
会 場: アートスペース虹
会 期: 2013年9月
作品名: pot roses 4'16"

『pot roses 4'16"』は、植物(ミニバラ)の形態を記号化し、生長のプロセスをトレースして音楽にした作品です。自然の造形は人間に様々なインスピレーションを与えてくれます。2012年の作品『lily pads』では植物のかたちの特性から音楽を作りました。この作品では8日間という時間の区切りの中で起こった植物の変化について観察していきます。

植物と音楽にはどんな関係性を見つけることができるのでしょうか?例えば、バラの鉢植えを真上から見下ろすと、葉が様々な方向に伸びていて重なりが少ないことに気づきます。健康なバラの葉は3枚葉、5枚葉、7枚葉で一枚になっていて、光合成が効率的にできるよう合理的に配置されています。そのバランスはとても音楽的です。鉢植えのバラを上から撮影して画像処理し、葉の位置関係をそのまま音符にして五線譜に置いて、8小節のフレーズにしました。

バラを決まった角度から毎日撮影すると、日々の変化を記録することができます。葉の密度が高くなり過ぎると、光合成や水分の蒸散などの働きが停滞して病気にかかりやすくなります。弱った葉が枯れて花茎から落ち、一方で新しい葉が別の場所から伸びてきてエラーが修正されます。人の手で剪定することもあります。多くの要因に影響を受けながら植物は生長・エラー・修正をループして、絶えず変化を起こしています。このようなせめぎ合いと調和もまた音楽的だと言えるでしょう。この作品に写し取った一日あたり8小節×8日間、全体で64小節のフレーズは、その植物固有の周期性の一端を表しています。(2013年9月 制作ノートより)

この作品では新しく植物の生長をテーマとして取り上げました。それによって、作品性にも音楽性にも新しい展開を加えることができたと思います。植物は必ずしも作家の意図に沿って動いてくれませんが、その生長(変化)の観察を続けるうちに、音楽と生命活動との共通点の「均衡」に関心を持つようになりました。例えば、植物の生長・エラー・修正のループからは音楽の対位法やポリフォニー、葉の位置の均斉からは調和のとれた和音を連想することができたのです。

sample1

Languege |Japanese|English

13, Jan 2014

音楽と世界―共感覚的に接続する(英訳収録)

サウンドとビジュアルの融合による共感覚的な表現を軸としたスタイルで、インスタレーションなどを制作するアーティスト・ユニット 井浦崇+大島幸代。今回は井浦氏、大島氏に近年の作品と、それらの作品に通底する制作理念をご紹介いただいた。

Plants music
会 場: グランフロント大阪 ナレッジキャピタル アクティブラボ
会 期: 2013年10月
作品名: pot roses 4'16" ver.2、lily pads ver.2

この展示は幅広い層が訪れる大型複合施設に設置されたため、既存作品2点を別の作品として作り直しました。

<lily pads>(前バージョン)では、睡蓮の葉を楽器に見立てたシステムをつくり、その演奏のベストテイクを録画して展示しましたが、ver.2ではタッチディスプレイを使って鑑賞者が自由に演奏できるようになっています。2つの作品について、海外のアーティストから"ART makes it possible to transform organic life into generative music!!"という感想を寄せていただきました。期間中に開催したワークショップでは、来場者に好きな植物を選んでもらい、全体のフォルムから音楽を作り出すレクチャーを行いました。

sample1

Photo : 表 恒匡

カレンダー展
会 場: アートスペース虹
会 期: 2013年12月
作品名: Plants music (preserved rose)

プリザーブド・ローズは、花が咲いた状態を美しく維持できるように薬品で加工されたバラです。“When you take a flower in your hand and really look at it, it’s your world for a moment.”というジョージア・オキーフの言葉にインスパイアされて制作しました。花のフォルムをデータで抽出して、円形にトレースしたものを譜面に見立てて短い楽曲にしました。花弁のラインの起伏のピークを拾って音符にすると、神秘的なフレーズが現れます。グラフィック(カレンダー)と音源の作品です。

sample1

Languege |Japanese|English

13, Jan 2014

音楽と世界―共感覚的に接続する(英訳収録)

サウンドとビジュアルの融合による共感覚的な表現を軸としたスタイルで、インスタレーションなどを制作するアーティスト・ユニット 井浦崇+大島幸代。今回は井浦氏、大島氏に近年の作品と、それらの作品に通底する制作理念をご紹介いただいた。

ここ数年間は、自然の造形や環境にインスパイアされてイメージを組み立ててきました。技術的にはデータ解析をしたりプログラミングソフトを駆使していますが、制作を始めるきっかけとなる、予告なしに浮かぶ直感的なイメージは全てにおいて優先されています。人間をとりまく環境を感覚的に把握しようとする時、既に確立された感覚コードでは捉えきれない何かを知覚するために、共感覚的なコードが生まれるのかもしれません。作品としてかたちになったものが音楽であれ、映像であれ、その感覚を彷彿とさせるものであれば面白いと思っています。


Languege |Japanese|English|

13, Jan 2014

Connecting music and the world in a synesthetic way

The artist unit, Takashi Iura + Sachiyo Oshima, are known for their style of merging sound and visuals in a synesthetic way. Here they introduce their recent work as well as artistic philosophy.

Takashi Iura & Sachiyo Oshima (artists)
hanare x Social Kitchen Translation

Our body of work covers a broad range of media, from music to installation. While attending the Department of Concept and Media Planning at Kyoto City University of Arts, where students are able to experiment with different media, we first started creating video work, before later expanding our practice to composing and sound design. What is music? How is it interesting to make connections between visuals and musical elements? And how is that relationship valued in today’s society? We create work based on these themes.

We started to collaborate in 2004, mainly creating musical work under the name “Otograph.” Otograph is a coined word combining “oto” (“sound” in Japanese) and “graph,” meaning the visual, such as painting and video. Despite being enrolled in the Faculty of Art, both of us had music skills so it was natural that we became interested in the idea of synesthesia.

Let’s explain a little about the idea of synesthesia. Synesthesia originally means the sensory phenomenon that occurs when the input and output of different sensations intersect. For example, it happens when looking at a certain color evokes music in your mind, or vice versa. Simply replacing sensations automatically, though, does not make for creative art. Rather, our interests lay in aesthesia and techniques that connect different images and synesthetic expression, revealing what we had previously not been able to sense.

Today many artists work with both video and sound, but back when we started our career as Otograph, working with these two media was not usual, nor were there any other artists working on synesthesia as a theme. It was the time when the digital-based working environment had arrived, making it possible to transform sound and image into binary digits and to deal with these two elements simultaneously. We were thinking at that time that understanding the world with the idea that aesthesia connects visuals and sound might enable us to unveil something that we had not been previously able to perceive.

In the beginning, we focused on the pure relationship between form, color, and sound. As our interest has shifted from sound itself to music or something musical, we have created work through contrasting our analysis of human environments with reality. This is because we felt that the nature of music—its development of organized sound—has something in common with natural phenomena. We currently incorporate plant growth into our themes as something corresponding to the temporal quality unique to music. The biological activity of plants and the sense of time different to humanity offer complexity as well as contingency, which cannot be gained simply by replacing different perceptions.
(These artworks were exhibited under the unit name “Takashi Iura + Sachiyo Oshima.”)

In the following pages, we will introduce in chronological order selected installations from our recent body of work.


Takashi Iura + Sachiyo Oshima (artists)
Takashi Iura + Sachiyo Oshima

Iura and Oshima began to work collaboratively in 2004. Besides exhibiting installations in galleries, they also give audio and visual performances under the name “Otograph.” The soundtrack Otograph created for a PlayStation 3 video game released by PlayStation Network was their first worldwide audio album release.

Takashi Iura
Born in Kyoto Prefecture, Iura earned a PhD from the Graduate School of Arts at Kyoto City University of Arts. He is currently an assistant professor at the Faculty of Informatics at Kansai University.

Sachiyo Oshima
Born in Hyogo Prefecture, Oshima graduated from the Department of Concept and Media Planning at Kyoto City University of Arts. She currently teaches at the Faculty of Informatics at Kansai University as an adjunct professor.

Otograph Official Site
http://www.otograph.net


Languege |Japanese|English|

13, Jan 2014

Connecting music and the world in a synesthetic way

The artist unit, Takashi Iura + Sachiyo Oshima, are known for their style of merging sound and visuals in a synesthetic way. Here they introduce their recent work as well as artistic philosophy.

Solo show: White noise white wave
Venue: Art Space Niji
Date: March 2010

Memories and sensations of walking along the edge of the surf, gazing at the sky and sea, listening to the sound of the waves and observing the movement of the sand—these experiences everyone has can be evoked in places other than the seaside itself. Looking outside through a gallery window that faces a main street, a symbol of a sea suddenly emerges. Using computer graphics and sound, we reconstructed the characteristic light and environmental sound that evokes the scenery of the sea somewhere other than at the seaside. (Production notes, March 2010)

This work was installed in a gallery space that faced onto a street. Images of the sea changed in real-time, triggered by distinctive sound and fluctuations of light extracted from everyday scenery. We attempted to create an interactive, synesthetic experience through the scenes that come into view and programmed video effects.

sample1

Photo : Tomas Svab

sample1

Photo : Nobutada OMOTE

Solo show: mirror(45.33.28 148.45.14 /20.25.31 136.04.11 /24.26.58 122.56.01 /24.16.59 153.59.11)
Venue: GALLERY wks.
Date: September 2011

We created this work by reproducing an enormous amount of elevation data for Japanese mountains. Successive numbers indicating the volumes of mountains enable viewers to see Japanese nature in a simple way and help us to investigate what nature offers to humanity. (Production notes, September 2011)

Sampling 360,000 points from elevation data published by the Geospatial Information Authority of Japan, we created computer graphics depicted as if they were airborne imagery shot by a computer camera. The shapes of the mountains made out of the data and images of actual mountains that people can see become two differing perspectives, and this contrast of digital images with real ones created a mysterious aesthesia. The sample points of the elevation data are also converted into sound.

sample1
sample1

Languege |Japanese|English|

13, Jan 2014

Connecting music and the world in a synesthetic way

The artist unit, Takashi Iura + Sachiyo Oshima, are known for their style of merging sound and visuals in a synesthetic way. Here they introduce their recent work as well as artistic philosophy.

Solo show: water's edge
Venue: Art Space Niji
Date: September 2012
Work Title: lily pads

This installation “water’s edge” musically reconstructs waterside scenery. While the shapes of water lily leaves and their sequential arrangements evoke a sense of music, the work “lily pads” converts the arrangement of the leaves to actual music people can listen to. Defining synesthetic “music” as time and space controlled by a certain regulation, and which doesn’t require sound itself, we attempted to extract “music” from the shape of the plant. Interpreting the water lily leaves as instruments and scores, the size of a leaf determined the pitch while the line of a leaf determined the scale. Not only using natural plants as a musical score, we assembled an original, high-quality instrument that “performs” music.

sample1

Photo : Tomas Svab

Solo show: connect with
Venue: Art Space Niji
Date: September 2013
Work Title: pot roses 4’16”

“pot roses 4’16”” is a music piece that encodes the form of a plant (a potted miniature rose) and traces its process of growth. Natural forms give humans various inspirations. While for “lily pads” (2012) we composed music out of the characteristic features of a plant, in this work we observed the changes that happen to the plant during a limited time frame of eight days.

What kind of relationship can we discover between plants and music? For example, if you look down on a potted rose directly from above, you notice that its leaves are growing in various directions yet do not overlap very much. Healthy roses have three leaves, five leaves, or seven leaves, arranged with reason for efficient photosynthesis. This balance is very musical. Shooting the potted rose from above and processing the images, we converted the positional relationship of the leaves into notes on a score and created a short piece of music.

Shooting the rose from the same determined angle every day, we could record daily changes. If leaf density intensified, activities such as photosynthesis and water transpiration became stagnant, and thus the rose became sensitive to disease. Withered leaves fall from the stem while a new leaf grows from other parts to adjust for the missing one. Human hands also prune the plant. Influenced by these many factors, a plant initiates changes while repeating a cycle of growth, error, and adjustment. This clash and harmony can also be described as very musical. In this work, a total of 64 phrases (eight phrases per day multiplied by eight) illustrated a part of the periodicity inherent to the plant. (Production notes, September 2013)

Engaging with plant growth as a theme for this new work enabled us to expand both our artistic and musical abilities. A plant does not necessary move as per our artistic intentions, but as we continued to observe its growth (changes), we came to develop an interest in “balance,” something that is shared with both music and biological activities. For instance, the cycle of growth, error, and adjustment in the plant evokes musical counterpoint as well as polyphony, and the symmetry of leave positions also suggests chords taken from a harmony.

sample1

Languege |Japanese|English|

13, Jan 2014

Connecting music and the world in a synesthetic way

The artist unit, Takashi Iura + Sachiyo Oshima, are known for their style of merging sound and visuals in a synesthetic way. Here they introduce their recent work as well as artistic philosophy.

Plants music
Venue: Grand Front Osaka, Knowledge Capital, Active Lab
Date: October 2013
Work Title: pot roses 4’16” ver.2, lily pads ver.2

As the work was to be installed inside a large-scale facility visited by a wide range of people, we recreated two existing pieces anew.

While the previous “lily pads” interpreted the leaves of the water lily as an instrument and exhibited a recording of the best performance played on it, this new version allowed viewers to play freely with the music on a tablet computer. We received a comment from an overseas artist regarding these two pieces: “Art makes it possible to transform organic life into generative music!” We did a workshop during the exhibition in which participants chose their favorite plants and created music out of their shapes.

sample1

Photo : Nobutada OMOTE

Calendar for 2014
Venue: Art Space Niji
Date: December, 2013
Work Title: Plants music (preserved rose)

A preserved rose is a rose processed with chemicals to maintain the state of being in beautiful bloom. We created this work inspired by something Georgia O’Keeffe once said:“When you take a flower in your hand and really look at it, it’s your world for a moment.” We composed a short piece of music by digitally extracting the shape of the flower and then portraying a circular tracing of it as a musical score. Picking up the peak of the petal line and converting it into notes, a mysterious phrase emerges. The work is made out of both graphics (a calendar) and sound.

sample1

Languege |Japanese|English|

13, Jan 2014

Connecting music and the world in a synesthetic way

The artist unit, Takashi Iura + Sachiyo Oshima, are known for their style of merging sound and visuals in a synesthetic way. Here they introduce their recent work as well as artistic philosophy.

Over the last few years, we have been assembling images inspired by natural forms and environments. On a technical level, we are analyzing data and utilizing programming software, but the intuitive images emerging without advanced notice—the trigger for starting to create work—are given priority over everything. Perhaps a synesthetic code comes about in order to perceive what we cannot understand with the established aesthesia codes when trying to grasp the environment that surrounds humanity. We think a work becomes interesting if it is reminiscent of this sensibility, whether the final form of the work be music or video.


音楽と世界―共感覚的に接続する(英訳収録)

Category: Digital Imaging





PAGE TOP