18, Jul 2016

林勇気の近作について
―膨大な記憶のアーカイブと非物質的な儚さ

映像作家の林勇気は、デジタルカメラで自ら撮影した写真画像の膨大なストックや、インターネットの画像検索で収集した画像を元に、1コマずつ切り貼りして緻密に合成することでアニメーションを制作している。近作では、投影される空間や鑑賞者の身体との相互介入、電源オフなどの仕掛けにより、デジタル・データとしての映像の成立条件や非物質性について自己言及的な試みを行うとともに、ポスト・インターネット時代の知覚や身体感覚を浮かび上がらせている。本稿では、ここ半年の間に個展・グループ展への参加が相次ぎ、精力的に活動している林の近作を、3つの系統から考察する。

文:高嶋慈(美術批評)

1. 「もうひとつの世界」―浮遊する記憶の断片、現実世界との相互介入

《もうひとつの世界003》や、《another world –eternal–》は、これまでの林のアニメーション作品の代表的なスタイルと言える。デジタルカメラで撮影した画像から切り抜かれたさまざまなオブジェクトが、たゆたうように浮遊し、あるいは視認不可能なほどの高速で流れていく映像だ。食べ物、家電製品、草花、ペットボトル、車、風景の一部などの膨大な画像が、湖のように溜まり、あるいは川面を漂う塵のように流れていくさまは、日々の生活の中の記憶の儚い断片を連想させるとともに、匿名的な無数の画像が蓄積・共有され、消費されては消えていく「もうひとつの世界」としてのネット空間を示唆する。

だがその「もうひとつの世界」は、モニター越しの閉じた窓として、現実の物理的空間から隔絶して存在するのではない。元倉庫であるFLOATで展示された《もうひとつの世界003》は、壁面に加えて床や廊下の奥へと映像が映り込み、現実世界の表面を浸食していく。しかし廊下の突き当りで振り向くと、プロジェクターの眩しい光が視界を襲う。映像とは、プロジェクターから放射された光が生み出す、非物質的な皮膜に他ならないことを再認識させる仕掛けである。また、京都芸術センターでの個展「電源を切ると何もみえなくなる事」に出品された《another world –eternal–》では、プロジェクターをあえて床置きにすることで、4面の壁に投影された映像に観客自身の影が映り込む。それは、映像に空虚な人型の「穴」を穿つとともに、光源との距離によって伸縮する「影」が映像という「もうひとつの世界」の中を自在に歩きまわるようにも見える。同時に、観客の服や身体には、映像の一部が移り変わる模様のように映り込む。私たちは映像=光そのものには触れられないが、黒い「影」に姿を変え、あるいは光を身体の表面にまとうことで、擬似的な交通感覚を味わえるのだ。

《another world – eternal – 》 撮影:表恒匡

《another world – eternal – 》展示風景 撮影:表恒匡

一方、PATinKyotoに出品された《すべての終りに》は、これまでにない暴力性を感じさせる作品。おびただしい画像が視認不可能なほどの高速で接合され、輪郭がキメラ的に溶解し、暴力的に切り刻まれ、渦まく砂嵐となって画面を覆い尽くす。そして、画像の断片が星くずのように瞬きながら暗闇に散らばって集合離散を繰り返すラスト。ここでは、膨大な画像の生成・複製・拡散・変形・消費・消滅がなされる広大なネット空間が、畏怖を覚えるほどの宇宙的なイメージに重ね合わせられている。

《すべての終りに》展示風景 撮影:ニッシャエフエイト株式会社
《すべての終りに》展示風景 撮影:ニッシャエフエイト株式会社

《すべての終りに》展示風景 撮影:ニッシャエフエイト株式会社


高嶋慈 TAKASHIMA Megumi

美術批評。京都市立芸術大学芸術資源研究センター研究員。現在、artscapeにて、現代美術や舞台芸術に関するレビューを連載中。企画した展覧会に、「Project ‘Mirrors’ 稲垣智子個展:はざまをひらく」(2013年、京都芸術センター)、「egØ-『主体』を問い直す-」展(2014年、punto、京都)。


2. アニメーション、実写映像、3Dプリンターで制作した立体による入れ子構造

デジタル画像を切り貼りしたアニメーション映像に加えて、林が新たに試みるのが、アニメーション、実写映像、3Dプリンターで制作した立体を組み合わせ、現実と仮想空間が入れ子状に錯綜した空間構造である。ギャラリーほそかわでの個展で発表された《STAND ON》では、輪郭線だけの男性が、部屋から出て野原や林の中を歩くアニメーションがモニターで展示される一方、街路樹、フローリングの床、草むら、石などをノックする手を映した実写映像が、斜めに歪んで壁に投影される。それらの被写体は、アニメーションの仮想世界を形づくる構成要素として、現実世界から切り取られて「移植」されている。

京都芸術センターでの個展で発表された《memories》も、同様の構造を引き継いでいる。箱や容器を開ける仕草を繰り返す男性を描いたアニメーションと、そこに登場する壁や床、電気コンセント、本棚などを映した実写。だが後者は、人の手によって破られることで、実物を映した映像ではなく写真であることが分かり、見る者の認識に文字通りの裂け目をもたらす。

実写の断片がフィクションの世界を形づくる。あるいは、フィクションの世界を微分すると、個々の要素は現実の断片でできている。どちらにも定位できないあてどなさは、3Dプリンターで「再現」した立体物の歪みやひずみによって強調される。《memories》では、箱や容器の実物が3Dプリンターで「再現」されるが、スキャンする際、光の反射などによって読み取れなかった部分は「エラー」を起こし、不完全な欠損を抱えている。中身の見えないブラックボックスとしての「箱」や、表面を皮膜としてしか写し取れないことは、映像それ自体の謂いであるだろう。

《memories》展示風景 撮影:表恒匡

《memories》展示風景 撮影:表恒匡

《memories》スチル

《memories》スチル


3. 《image data》―デジタル・データ画像の厚みのない世界

最新作である《image data》では、画像の厚みのなさの露呈、画像検索によるイメージの恣意的な結びつき、宇宙的な生成と消滅のビジョンが組み合わさり、「デジタル・データとしての映像」に対する林の意識を先鋭化させたものとなっている。

冒頭では、海辺、コスモス畑、バーベキュー、ドッグフードのパッケージ、パスタ、飲食店、公園、ビルや雑踏など、ごく平凡な画像が、脈絡は不明なまま、一枚ずつ壁いっぱいに映し出される。やがて画像はグリッド状に無数の小さな四辺形に切り取られ、回転ドアのようにクルクルと回転し始める。x軸(横軸)とy軸(縦軸)の平面上にのみ存在する画像に、架空の奥行(z軸)を与えて回転させたらどうなるか。その時、画像には物質的な厚みも奥行きもないことが、虫食いの穴のように点滅する真っ黒な背景によって露呈する。やがて、それぞれの画像は切り抜かれた無数の四辺形に分解し、混ざり合い、高速で飛び交いながら、見えない中心軸の周りを旋回し始める。ブラックホールを連想させる画像の断片の乱舞は、やがて闇の中へ消滅していく。

ここで使用された画像は、インターネットの画像検索で集められている。ただし、ある検索ワードの表示結果のうち、元のワードの文脈から外れた「エラー」画像を拾い、今度はその画像を置き換えたワードでさらに検索をかけるという「エラーしりとり」の手法が採られている(例えば、「犬」と打ち込んで、「ドッグフード」の画像が表示されると、次は「ドッグフード」と打ち込み、機械的な誤訳で出た「パスタ」の画像を拾うといった具合である)。こうした「機械の恣意的な誤訳」は、タグ付けなど情報に置き換えられた画像の流通のシステムと、人間の認識とのズレを示している。

《image data》展示風景 撮影:田中健作
《image data》展示風景 撮影:田中健作

《image data》展示風景 撮影:田中健作

以上のように、林は、デジタル・データとしての画像のあり方に意識的に向き合って制作しているが、その意識が「展示形態」に及ぶ極点が、「電源オフ」と「待機画面のモニター」だろう。個展「電源を切ると何もみえなくなる事」では、タイトルが示す通り、1日3回、映像機器の電源が落とされる。映像への没入は中断され、再生機器やモニター、ギャラリーの物理的な空間が露わにされる。非実体的な映像の儚さや脆さ、そして電気の供給の前提が浮き彫りとなる。さらに、第三者の介入による意図的なスイッチオフと空白の出現は、権力による干渉や検閲といった作品への暴力的な介入をも連想させる。

意味で充満した世界/人工的な光という二重性の下に映像を捉え、実体と映像とのズレや乖離を提示し、デジタル・データ映像の非物質性を露わにするなど、映像メディアの条件や脆弱さに対する批評性が、林の作品の強度を支えている。

《memories》展示風景 電源あり 撮影:表恒匡

《memories》展示風景 電源あり 撮影:表恒匡

《memories》展示風景 電源なし 撮影:表恒匡

《memories》展示風景 電源なし 撮影:表恒匡

展覧会情報

林勇気 個展「image data」

会期: 2016年6月25日(土) - 7月30日(土)
11:00 - 13:00 / 14:00 - 19:00(最終日は17:00まで)
日・月曜休廊
会場: ギャラリーヤマキファインアート
入場料: 無料
WEBサイト: http://www.gyfa.co.jp/jp/exhibitions/yuki-hayashi2016.html

林勇気の近作について
―膨大な記憶のアーカイブと非物質的な儚さ

Category: Digital Imaging





PAGE TOP