12, Jun 2012

HAPS(東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス)
インタビュー 遠藤水城、芦立さやか(HAPS)

京都市が2007年に制定した、文化政策のマスタープラン"京都文化芸術都市創生条例"。本条例内において計画された"若手芸術家等の居住・制作・発表の場づくり"事業を推進するために、若い芸術家の総合サポート窓口として、各分野の専門家で構成されるHAPSが設立された。今回はHAPSの遠藤水城さん、芦立さやかさんにその活動領域や内容について、さらにはミッションとして掲げる「社会全体の豊かさ」と芸術との関係性についてお話を伺った。

聞き手:中本真生(&ART企画・編集・広報担当、アーティスト) 撮影:表恒匡

遠藤水城、芦立さやか

HAPSがオフィスを構える六原学区内にて撮影

1. HAPSとは

――HAPSの事業概要を教えてくだい。 (芦立)
京都市は2006年に「これから京都の文化をどうしていくか」という指針を定めるため"京都文化芸術都市創生条例"を設けました。条例の中では"若手芸術家等の居住・制作・発表の場づくり"事業が計画されています。その事業を推進するために、2009年から遠藤さんを中心に「どうすればもっと若手芸術家が京都に住みたくなるような土壌を作れるのか」ということについてのリサーチを開始しました。その結果、アーティストに制作の姿勢を高めてもらうきっかけを作るためには相談窓口が必要だと判断し、HAPSを開設しました。
HAPSでは「アーティスト活動をする中で出てくる居住や制作に関する問題」や「アーティストとして作品を発表していくうえで何をすべきかといった悩み事」に対する相談を、WEBとオフィスで受け付けています。それらの悩みを解決していくために、アーティストとキュレーターの出会いの場を作ったり、座談会の場を設けたり、ワークショップを行ったりと様々な提案をしていきます。
また、HAPSがオフィスを構える東山のあたりは空き家がとても多いのですが、その中には老朽化して不動産業者では扱えないような物件も少なくありません。そういった物件を、建物の補修ができるアーティストに紹介して安く譲ってもらうといったマッチングも、追々着手していく予定です。
その他にも"WEBサイトの充実"に関しては重点的に取り組んでいます。京都市内では毎日多くの展覧会が開催されていますし、貸画廊やカフェギャラリーなど、アーティストが作品を展示できるスペースがたくさんあるので、そういったものを紹介していく予定です。同時に美術批評やインタビューを掲載するコンテンツも随時制作していきます。

――例えばある程度知名度を持ったアーティストでも、美大の1回生でも、仕事をしながら2年に1回くらいのペースで貸画廊で個展をしているような人でも、相談できるのでしょうか。 (芦立)
基本的には若手芸術家に向けた事業なので「自分が若手芸術家である」と思うならばどんどん相談していただきたいです。年齢制限は特に設けていないので、50代の方に「どうしてもこういうことがやりたい」ということを相談していただくことももちろん可能です。ただし、学生に向けたサービスは今のところは考えていません。もともとこの事業は「京都にたくさん芸大、美大があるにも関わらず、卒業すると地元に戻ってしまったり、情報の集まる東京や海外に行ってしまい、京都にあまりアーティストが残らない」という現状を受けて始まった背景があります。
京都市としては「京都にたくさんアーティストが残って発信してほしい、京都で成長していってほしい」ということを望んでいます。そのため、"卒業後どうしたらいいかわからなくて迷っている人たち"が主な対象になっているのです。

――HAPSには事務局内の実働メンバー、実行委員、アドバイザーという、主に3つの立ち位置で事業に関わっている方々がいますが、実際にはどのような組織体制になっているのでしょうか。 (芦立)
まず京都市から委託を受け、実行委員会が事業を遂行します。決定した予算を使用して、事務局が実際に相談窓口やWEBサイトの運営を行います。事務局は現在3人ですが、何人かのサポートスタッフの方々にもお越しいただいています。今後オフィスを拡大していけば、さらに色々な立場の方を招くことが可能ではないかと考えています。

京都文化芸術都市創生条例

遠藤水城 ENDO Mizuki (HAPS)
遠藤水城 ENDO Mizuki

インディペンデント・キュレーター。 2004年、九州大学比較社会文化研究学府博士後期課程満期退学。art space tetra(2004/福岡)、Future Prospects Art Space(2005/マニラ)、遊戯室(2007/水戸)などのアートスペースの設立に携わる。 2004-05年、日本財団APIフェローとしてフィリピンおよびインドネシアに滞在。05年、若手キュレーターに贈られる国際賞「Lorenzo Bonaldi Art Prize」を受賞。「Singapore Biennale 2006」ネットワーキング・キュレーター。2007年、Asian Cultural Councilフェローとして米国に滞在。同年より2010年までARCUS Projectディレクターを務める。2009年、「福岡アジア美術トリエンナーレ」協力キュレーター。「ヨコハマ国際映像祭2009」キュレーター。2011年、「曽根裕展:Perfect Moment」(東京オペラシティアートギャラリー)ゲストキュレーター。2009年よりHAPSの企画準備に携わる。

HAPS 公式WEBサイト
http://haps-kyoto.com/


芦立さやか ASHIDATE Sayaka (HAPS)
芦立さやか ASHIDATE Sayaka

1982年北海道生まれ。2005年武蔵野美術大学芸術文化学科卒業。 卒業後、BankART1929(横浜)で勤務し、同時期に吉田有里と共にYOSHIDATE HOUSE(横浜)をオープンし、同世代作家の展覧会などを企画。BankART退職後、様々なプロジェクトで展覧会制作やアーティストのコーディネート等に関わる。2010年9月よりNYに拠点を持つアーティスト・イン・レジデンスのコーディネートを行うNPO、Residency Unlimitedでインターンとして関わりながら、ニューヨークのNPOの現状や運営の仕方、また新たなレジデンス・プログラムの動きなどを現場を通じて1年間学ぶ。帰国後、京都に居を移し、現職。

HAPS 公式WEBサイト
http://haps-kyoto.com/


2. HAPS開設の経緯とこれまでの活動

――HAPS開設までの経緯を教えていただけますか。 (遠藤)
京都市が“若手芸術家等の居住・制作・発表の場づくり”事業をスタートした時に事業プランの募集があり、そこに応募したところ任せていただけることになりました。初年度はリサーチにあてて、翌年度から準備を進めました。その段階で実行委員会を作ったり、アドバイザーや芦立さんに声をかけました。
「お金をかけて小学校を回収してアートセンターを作る」というプランや「田舎で農村型のアーティスト滞在村を作る」というプランなど、初年度の時点では色々な可能性が挙げられました。プランニングしていく中で、東山区は京都にある区の中で最も空家率が高いことや、京都市がその状況を改善しようとしていることをなど知り、そこにアーティストに住んでもらうというアイデアが出てきました。他のプランよりも予算的に現実的ですし、やれることのバリエーションの多さもいいのではないかということになり、この案に落ち着きました。

――プランニングするうえでどのようなことを重点に据えていましたか。 (遠藤)
一番重要なのはネットワーク化して繋いでいくということなんですよ。機会・機材・技術・知識などをもっと有機的に結び付けていけば、制作しやすくなるし生活しやすくなるだろうと。だから主にアーティストとしてはまだ繋がりの少ない無名の人を対象とした事業だと考えています。
最初は大まかに大多数層の無名の作家がいるんだろうという仮定でリサーチをはじめ、そこから東山の空き家が問題になっているということや、すでにある程度作家として活動している人が抱えている問題もあるということがリサーチの過程でわかったので、そういったことも加えていった感じです。

――オフィスを構える前も含めて、これまでの活動を具体的に教えてください。 (芦立)
昨年、スイスで市営のアートセンターのディレクターを担当しており、ベネチア・ビエンナーレ2011でもアシスタント・キュレーターを務めたジョバンニ・カルミネさんを招き、京都市内のスタジオ25箇所を訪問し、約70名のアーティストを紹介するという機会を設けました。小さなスタジオからULTRA FACTORYやSANDWICHなどの大きなスタジオ、ギャラリーも交えつつ案内しました。アーティストにポートフォリオを用意してもらい、通訳を介しつつ1対1で会話してもらいました。

(遠藤)
その際に京都芸術センターでトークを行ったのですが、トークよりもスタジオツアーが主な目的だと考えていたんです。アーティスト自身が作品を直接説明する機会を作ることを重視しました。アーティストによっては話したい人と、話したくない人がいるかもしれませんが、そういった機会があるのとないのでは大きく違うと思います。アーティストとして生きていくうえでキュレーター、ギャラリスト、メディアの人間とどういうふうに話をするかということは重要ですから。

(芦立)
欧米では貸画廊があまりないので「どのようにキュレーターやディレクターとの出会いを作るのか」ということをアーティスト自身が模索しています。その出会いの機会作りとして自分でスタジオを構え、キュレーターを呼んで自分の言葉で解説をするということを行うんですね。そういった中で「自分の作品をどういう言葉で伝えるのか」「どういうポートフォリオを作ればいいのか」ということを学んでいくんです。

――オフィスやWEBを開設して間もないですが、現在の段階ですでに相談があるそうですね。 (芦立)
はい。現在HAPSが共催として関わっている、京北ふるさとバスの車体に施すための装飾アイディアを募集する“「花降る里バス」プロジェクト”については、HAPSが結成されてすぐにお話がありました。また4月27~29日の期間には、アーティストの制作現場や、京都市内のギャラリーなどを見て回るスタジオバスツアーを企画しているのですが、これはもともとKYOTO OPEN STUDIOを企画しているAntenna Mediaさんから「スタジオを開いてもなかなか人が来ない、もっと企画に広がりを持たせられるようなことをHAPSと一緒にやってみたい」というご相談を受けたことがきっかけで始まりました。“「花降る里バス」プロジェクト”は共催ですが、スタジオバスツアーはHAPSの主催となっています。

(遠藤)
「企画費があって今年は5つの展覧会やります」といった形態の事業ではなく、窓口に来た相談に対して対応していくというものなので、HAPSが主催か共催かというのは意図して選んでいるわけではありません。例えばあるアーティストから「この機材を使いたい」という相談を受け、その機材を持っている人を探して引き合わせるといった、コンテンツにならないような相談を扱う場合もあります。公募で企画を募集すると対外的に事業をやっているように見えますが、無理にコンテンツ化しようとは考えていません。

(芦立)
あくまで相談の結果生み出されていくものですね。

遠藤水城、芦立さやか
遠藤水城、芦立さやか

3. 事業のモデルとアーティストの“出口設定”

――次にHAPSの活動内容に記載している「アートと社会をつなぐネットワークの中心に」ということに関して伺いたいと思います。WEBサイトに「関係団体と協力、連動しながら、その情報をより効果的に、またバイリンガルで国内外に発信していきます」と書かれていますが、具体的に連携する予定のある関係団体があれば教えてください。 (芦立)
今のところは京都芸術センターや、京都市内の芸大美大などと少しずつ連携を始めています。 またオフィスがある六原の自治連合会の方にも実行委員に入っていただいており、地元の方からの情報の連携等で協力してもらっています。またWEBサイトを充実させるためにコンテンツが必要になってくるのですが、そういったものも様々な立場の人に提供してもらうことを考えています。

――今回のこの事業を行うにあたって、リサーチした、もしくは参考にした施設/事業などあれば教えてください。 (遠藤)
予算も規模も違うので、そのまま参考にするわけにはいかないですが、横浜市は文化芸術振興に特化している都市なので部分的に参考にしています。あとはロンドンやグラスゴー。イギリスの都市には、コマーシャルなアーティスト、アカデミックなアーティスト、「アートですらない」というスタンスを保っているからこそリスペクトされているアーティストなど、様々なタイプがいます。全然違う方向性のアーティストがたくさんいて風通しもいいからこそ、それぞれのキャラクターが引き立つ。芸術というと「すべてひとつだ」と思われることも多いですが、ジャンルはありますからね。
例えば日本ではすごくアカデミックな作品を作っている人が、コマーシャルな作品を作っているアーティストに対して「売れるためにあんなことまでして」と悪口を言っているところを耳にすることもありますが、それはジャンルが違うんだと。そういうことにした方が、かえって相手を尊敬できるということもありますし、そこは意識的にそうあってほしいと感じます。

――多様性を理解しているような環境があるということですか。 (遠藤)
誰に決まるかということはともかく、ターナー賞の候補者はモダニスティックなアーティストと、ソーシャル・ポリティカルなアーティストと、コマーシャルなアーティストでバランスがとれているんですよ。それらの人々が拮抗していることで成り立っていると感じます。別の領域の人が、別の言葉でそれぞれのアーティストをサポートしている。そうすると個々が自分自身を肯定できるんです。「インテリジェントで考え抜かれた作品だけど、スペクタクルじゃないから商用ギャラリーでは売れない」と悩んでいたとしても、そこに強い批評と、強い言葉と、正しい機会があれば、「俺はこれでいい」と思えるかもしれない。割とみんな“同じ芸術”だと言って、喧嘩したり仲良くなったりしていますが、それが視野を狭くする原因になることも多いと思います。
出口をどこに持つかが重要なんですね。技術的なことかもしれないし、理論かもしれないし、社会的背景かもしれないけれど、アーティストそれぞれに「そこを超えたら作品になるしアートになる」というラインがあるはずなんです。けれどそこが今の日本では見え辛いですよね。「だったら一緒にそこを探しませんか」というのが、この事業の大枠だったりします。
一方で出口、クオリティーと言えば言うほど「芸術をやるためには、そんなにプロ意識や厳しい社会性が必要ですか」という人もいるかもしれませんが、「ゆっくり創作活動を続けたい」という姿勢は尊重すべきだと思います。しかしその時に「自分がなぜ売れないのか」と言うべきではないし「アート業界の中にいる実感がない」ということで悩むべきではない。混ぜてしまうからみんな悩むんです。「噛み合わなくて当然だ」と、言い合えたほうがいいですよね。売れている人たちが孤高のスタンスを貫いている人に嫉妬したっていいと思う。お互いにひとつの物差しで測って、足を引っぱり合わない方がいい。それぞれのジャンルとそれぞれのラインがあることをはっきりさせないとすっきりしないですよね。

――こういった状況を踏まえたうえで、具体的にHAPSはどういった立位置で支援するのでしょうか。 (遠藤)
HAPSはこれがいいアートだとか、悪いアートだとか、レベルが高いんだとか、そういうことをいう機関ではないんです。美術館やアートセンターで展覧会を行うというのであれば、公共の事業であってもある程度そういった姿勢をとる必要がありますが、HAPSはどのような傾向の作品を作っていたとしても、どのような立場、状況のアーティストだったとしても困っているならば助けます。そこは一番強調したいところです。「一生有名にならない」と決めているアーティストでも、作り続けていることが社会に影響を及ぼす人が世の中にいると思うので、そういう人にも協力していきたいと思っています。「いいアートを発信していく」ということではなくて「生活環境や出口を見据えた制作環境を整えていくことで、みんなが幸せになれるんじゃないか」という発想です。だからなるべく色々な人に来てほしいと考えています。公共事業なのでお金を儲ける必要はないわけですから、“多様性”という「儲かる見込みがないけれど重要」な部分にお金を使うべきだと思っています。

遠藤水城、芦立さやか
遠藤水城、芦立さやか

4. 京都について

――リサーチやヒアリングする中で感じる、京都の芸術が秘めているポテンシャルについて思うことがあれば教えてください。 (遠藤)
アーティスト自身も、それ以外の人もそうだけど、京都の人はみんなアートが好きなんだなと感じます。展示を見慣れているし行き慣れていますよね。

(芦立)
あとは、「自分たちスタジオを運営しよう」とか「何か企画しよう」というような意識が高いアーティストが多いと思います。

――現在は仮事務所で運営していますが、本拠点となるオフィスの施工は、ほとんど業者を入れずに作家や学生などと進めていく予定とのことですね。具体的にどういった作家と、どのようなスケジュールで行うのでしょうか。 (芦立)
作家に関してはまだ決まっていないです。かなり老朽化が進んでいて、改修を進めないとどこに何が必要かすら見えてこないので、ある程度解体作業が進んだ状態で決めていけたらと思っています。今秋にはオープンできるよう進めています。

HAPSオフィスとなる予定の町家
HAPSオフィスとなる予定の町家

HAPSオフィスとなる予定の町家

――「京都で事業をする」もしくは「地方都市で発信する」ということの意義について、何か考えていることがあればお聞かせください。 (遠藤)
京都をあまり地方だとは思っていないんです。特殊な街ですし、東京モデルの事例も、地方モデルの事例も、あまりうまく適用できないことが多いと思います。

(芦立)
東京は「新しく作っていく」という傾向がありますが、京都は観光で潤っており、芸能文化が受け継がれている都市なので、古いものを残すことを大事にしていますよね。だから私自身の考え方を変えていかなければいけないと感じています。

遠藤水城、芦立さやか
遠藤水城、芦立さやか

5. 芸術家を支えることと社会全体の豊かさ

――HAPSのミッションに記載されている「芸術家を支えることが、社会全体の豊かさを維持することにつながる」という文章についてお聞きします。「芸術家を支えることが、いかに社会全体の豊かさを維持することになりえるのか」についてそれぞれご意見を伺えますでしょうか。 (遠藤)
放っておけばなくなってしまうもの、商業として運用していくと廃れていってしまうものの中で、「あったほうがいい」とみんなが共通で思っているものには税金をかける意義がありますよね。だから税金を使って古き良きものは守るということは、この先もやっていくべきだと思います。
今回の場合、要は「新しく生まれてくるものに税金をかける意義があるか」ということですよね。それは言い換えれば、「社会にとって異物であったり、変な刺激であったり、よく分からないものを作る人が生きていくということを許容するかどうか」ともいえると思います。一般的に現代美術は“ぎりぎり解かる”というバランス感覚で成立しているわけです。たまにぎりぎり解からないということもあるけれど、本当に解からないものは誰も見ないですから、基本的にはぎりぎり解かる方に属していないとおかしい。このぎりぎり感の楽しさが、現代美術の醍醐味だと思うんです。ぎりぎり解かるものが生まれる土壌そのものをサポートするときには、7、8割のぎりぎり解からない作品を作るアーティストをサポートすることになるかもしれない。しかしその7、8割がないと社会に還元される新しい表現は生まれないわけです。
アートに税金が使われているということは、「そういうものに対して税金をかける意義がある」と判断されたからではないでしょうか。こういったものがなくなってしまったら、“はっきり解かるもの”しか出てこなくなる。ぎりぎり解からないものを作る人がいなくなったら、ぎりぎり感すらなくなる。商業は商業で存在してもいいけれど、ぎりぎり感を維持する役割も必要だろうと。それを社会の豊かさと呼びたいですよね。

(芦立)
どんどん物事が簡素化してきている中で、私たちは歪(いびつ)なものや、無駄なものを必要とすると思うんです。今生きている社会の中で「生きにくい」ということや「こういうことをしたらおもしろい」と感じたことが、作品となって後々評価されるということは素晴らしいことだと思います。作品の制作過程は曖昧でモヤモヤしていると思うのですが、そういうところを支えていきたいです。行政がトリエンナーレや国際展、アーティスト・イン・レジデンスに対してお金を出すことは多いですが、こういった制作過程の一番サポートが難しい部分をちゃんと予算を投じて支援するというのは本当に珍しいことです。HAPSが何かしらの成功の形を見出していければ、他の地域でも事業のモデルとして参考にしていただけるかもしれません。
(取材・撮影:2012年4月24日 HAPSオフィスなどにて http://haps-kyoto.com/

遠藤水城、芦立さやか

中本真生 Nakamoto Masaki
中本真生 Nakamoto Masaki

1983年生まれ。愛媛県新居浜市出身、京都在住。京都嵯峨芸術大学造形学科油画専攻修了。&ART編集長。映像芸術祭“MOVING 2012”ディレクター。京都のデザイン会社、株式会社フィールドにプランナー/デザイナーとして所属。2009年同会社で「京都で活躍するアーティストと社会をつなぐ」ことをコンセプトとしたWEBサイト"&ART"を立ち上げ、企画・編集・広報などを担当している。また自身もアーティストとして"なかもと真生"名義で活動。廃棄物を使用した大型作品の発表を中心に、大原美術館(倉敷)での『AM倉敷Vol.6 なかもと真生 Structure of nothingness』や、家屋全体を利用した空間展示など、精力的に活動を展開している。

Photo by OMOTE Nobutada

&ART
http://www.andart.jp/

株式会社フィールド
http://www.fieldcorp.jp/

MOVING公式WEBサイト
http://www.moving-kyoto.jp/


HAPS(東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス)
インタビュー 遠藤水城、芦立さやか(HAPS)

Category: Feature





PAGE TOP