Material ConneXion Tokyo手に触れてこそ素材は想像力を刺激する。

24, Feb 2016

Material ConneXion Tokyo
手に触れてこそ素材は想像力を刺激する。

インテリア・建築関係のクリエイターが集まるといわれる東京・青山。明治神宮外苑を見下ろすビル内に、"Material ConneXion Tokyo"(マテリアルコネクション トーキョー:以下、MCX Tokyo)が産声を上げたのは2013年10月のことだ。「日本初上陸の世界最大の会員制素材ライブラリー」を掲げてオープンして2年余り。果たしてどんな情報を発信し、どんな活動を続けてきたのだろう。


PAGE TOP
Arts + MaterialSo What? どうしようもない現実にオチをつけないこと

20, Nov 2015

Arts + Material
So What? どうしようもない現実にオチをつけないこと

Arts(芸術)の世界において、数多のMaterial(素材)はArtist(作家)によって作品へとされ、新たな価値を得る。そしてArtistの精神を表すものとしてのMaterialとArtistの間にはそれぞれの物語が存在するのではないか。本稿ではMaterialとArtistのみならず、その間に存在するInstruments(道具)を軸としながら、作品と作家の間にあるものを探り、アートの世界を楽しむ一助としたい。


PAGE TOP
Arts + Material意識を拡張する、楽器インターフェースと日々思考すること

18, Aug 2015

Arts + Material
意識を拡張する、楽器インターフェースと日々思考すること

Arts(芸術)の世界において、数多のMaterial(素材)はArtist(作家)によって作品へとされ、新たな価値を得る。そしてArtistの精神を表すものとしてのMaterialとArtistの間にはそれぞれの物語が存在するのではないか。本稿ではMaterialとArtistのみならず、その間に存在するInstruments(道具)を軸としながら、作品と作家の間にあるものを探り、アートの世界を楽しむ一助としたい。


PAGE TOP
Arts + Material~作品と作家の間には道具と素材があるはず、、だ~

22, May 2015

Arts + Material
~作品と作家の間には道具と素材があるはず、、だ~

Arts(芸術)の世界において、数多のMaterial(素材)はArtist(作家)によって作品へとされ、新たな価値を得る。そしてArtistの精神を表すものとしてのMaterialとArtistの間にはそれぞれの物語が存在するのではないか。本稿ではMaterialとArtistのみならず、その間に存在するInstruments(道具)を軸としながら、作品と作家の間にあるものを探り、アートの世界を楽しむ一助としたい。


PAGE TOP
TURN / 陸から海へ(ひとがはじめからもっている力)インタビュー 日比野克彦

11, May 2015

TURN / 陸から海へ(ひとがはじめからもっている力)
インタビュー 日比野克彦

アール・ブリュット作品を展示する全国の美術館4館による初めての合同企画展「TURN / 陸から海へ(ひとがはじめからもっている力)」。本インタビューでは監修を務めた日比野克彦さんに、テーマに込めた意図や思い、アール・ブリュットが内在する問題についての考えなどを伺った。なお、インタビューはみずのき美術館での展示期間内に、同館にて行った。


PAGE TOP
財団助成イベント連動企画PARASOPHIA:京都国際現代芸術祭2015 レビュー

20, Mar 2015

財団助成イベント連動企画
PARASOPHIA:京都国際現代芸術祭2015 レビュー

京都市美術館、京都文化博物館、京都芸術センターなど市内の8会場を舞台に、3月7日に幕を開けた「PARASOPHIA:京都国際現代芸術祭2015」(以下、「PARASOPHIA」)。このイベントでは、ウィリアム・ケントリッジ、ピピロッティ・リスト、サイモン・フジワラ、田中功起など、世界の第一線で活躍するアーティスト約40組が京都に集結し、それぞれの世界を思う存分披露している。


PAGE TOP

PAGE TOP