KYOTO EXPERIMENT 公式プログラム 『エヴェレットゴーストラインズ』不在のための演劇 インタビュー 村川拓也

26, Sep 2014

KYOTO EXPERIMENT 公式プログラム 『エヴェレットゴーストラインズ』
不在のための演劇 インタビュー 村川拓也

KYOTO EXPERIMENT 2014の公式プログラムとして2014年10月2日(木)~5日(日)に上演される村川拓也の新作演劇作品『エヴェレットゴーストラインズ』。本インタビューは、同作で何を実験しようとしているのかという話題を軸にしながら、「常に他者とつくる」「カメラが勝手に自動で映してるような感覚」「不安を直視できるような時間をもってる演劇」など、村川の演劇の根底にある意識や感性の一端に触れる内容となっている。


PAGE TOP
国境と分野を超えた出会いがもたらすもの [前半]-フェルトシュテルケ・インターナショナル2014参加者のレポートより

13, Sep 2014

国境と分野を超えた出会いがもたらすもの [前半]
-フェルトシュテルケ・インターナショナル2014参加者のレポートより

京都芸術センターが開催する「フェルトシュテルケ・インターナショナル2014」はドイツ・フランスの2つのアートセンターとともに、文化交流と国際相互理解を目指して行う先駆的な新規プロジェクト。各都市から選出された大学も専攻も異なる学生10名/全30名が、各都市に一週間ずつ滞在し、共同制作を行うという、日本ではまだほかに類を見ない試みである。本特集記事では、2014年6月~7月に実施された「ヨーロッパ編」の参加者レポートを掲載する。


PAGE TOP
朝靄の道行文:木ノ下 裕一(木ノ下歌舞伎 主宰) 絵:ヤマガミ ユキヒロ(現代美術家)

04, May 2014

朝靄の道行
文:木ノ下 裕一(木ノ下歌舞伎 主宰) 絵:ヤマガミ ユキヒロ(現代美術家)

「夢か現か―。この靄は、都市が吐く〈息〉なのだな、と、朦朧(もうろう)とする意識の中で、今更ながら、思った。」
木ノ下裕一(木ノ下歌舞伎)による初の短編小説。昭和60年生まれの著者による、伝統芸能の巨匠や登場人物たちへの敬意と偏愛が凝縮された私小説的文学作品。


PAGE TOP
PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015『パラ人』インタビュー 吉岡洋

01, Apr 2014

PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015
『パラ人』インタビュー 吉岡洋

2015年3月7日~5月10日にかけて京都で開催される国際展「PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015」に向けて、学生らによる新たな出版物『パラ人』が2014年4月から発行されます。なんと約10ヶ月にわたり、のべ二十数回ものミーティングを重ねて制作した第1号の発行直前、編集長を務める吉岡洋さんにパラ人2名がインタビューを行いました。10ヶ月間、なにをしていたの? 中身より先に『パラ人』の裏側をお伝えします。


PAGE TOP
KYOTO EXPERIMENT 2013 レビュー 寄稿:村上 潔/榊原 充大(RAD)She She Pop 『シュプラーデン(引き出し)』/チェルフィッチュ『地面と床』

14, Nov 2013

KYOTO EXPERIMENT 2013 レビュー 寄稿:村上 潔/榊原 充大(RAD)
She She Pop 『シュプラーデン(引き出し)』/チェルフィッチュ『地面と床』

9月28日から10月27日の期間、京都で開催された国際舞台芸術祭 "KYOTO EXPERIMENT 2013"。AMeeTでは本フェスティバルを2回に分けて特集する。後半となる本記事では現代女性思想=運動史を専門とする村上 潔氏によるShe She Pop 『シュプラーデン(引き出し)』へのレヴューと、建築リサーチを専門とする榊原 充大氏(RAD)によるチェルフィッチュ『地面と床』へのレヴューを掲載。普段は舞台芸術以外の分野で活動する2名に、それぞれの専門分野からアプローチした批評を展開していただいた。


PAGE TOP
4年目を迎えた京都の国際舞台芸術祭KYOTO EXPERIMENT 2013

27, Sep 2013

4年目を迎えた京都の国際舞台芸術祭
KYOTO EXPERIMENT 2013

9月28日から10月27日の期間、京都で開催される国際舞台芸術祭 "KYOTO EXPERIMENT 2013"。日本国内のみならず世界の舞台芸術を牽引する先鋭的な作品を紹介しており、今年は日本、ブラジル、フランス、イギリス、ドイツ、アルゼンチンのアーティストが京都に集う。AMeeTでは本フェスティバルを2回に分けて特集する。前半となる本記事ではフェスティバルの概要と各プラグラムの紹介、後半の記事では作品のレヴューを掲載する(10月末公開予定)。


PAGE TOP

PAGE TOP