財団助成イベント連動企画KYOTO OPEN STUDIO 2011

13, May 2011

財団助成イベント連動企画
KYOTO OPEN STUDIO 2011

5月に京都市内各所で、ニッシャ印刷文化振興財団が助成するKYOTO OPEN STUDIO 2011が開催される。会期中は京都市内に点在している、作家が自主的に運営するスタジオを一般公開すると同時に、制作現場にて展覧会が行われる。


PAGE TOP
「tightrope walking―てんとうむしのつなわたり」展インタビュー南川憲二(wah document)×清澤暁子(京都芸術センター)

25, Mar 2011

「tightrope walking―てんとうむしのつなわたり」展
インタビュー南川憲二(wah document)×清澤暁子(京都芸術センター)

京都芸術センターボランティア・スタッフが中心となって展覧会を企画運営する"てんとうむしプロジェクト"と、一般募集した参加者同士の会話や反応から生まれた企画を実行するユニットwah document(ワウ ドキュメント)。この両者による共同展覧会が2011年3月8日~3月27日の日程で京都芸術センターを会場に行われている。今回実行されるアイデアは"つなわたり"。「芸術センター史上最大の試み」と位置づけられる本企画について、wah documentの南川さん、本展覧会を担当する京都芸術センターの清澤さんにお話を伺った。


PAGE TOP
展覧会ドラフト2011「TRANS COMPLEX − 情報技術時代の絵画」展

21, Feb 2011

展覧会ドラフト2011
「TRANS COMPLEX − 情報技術時代の絵画」展

展覧会に求められているものは何か、それを問う試みとして始動した「展覧会ドラフト2011」(主催:京都芸術センター)は、アートの公募の中でも"企画"に焦点を当てたユニークなものである。100件の応募の中から公開プレゼンテーションを経て入選したのが、村山悟郎の「TRANS COMPLEX-情報技術時代の絵画」展である。


PAGE TOP
イムラアートギャラリー東京 オープン井村優三 インタビュー

27, Dec 2010

イムラアートギャラリー東京 オープン
井村優三 インタビュー

2008年MORI YU GALLERY TOKYOオープン。2009年neutron tokyoオープン。京都のコンテンポラリーが変革期にある中で、京都のギャラリーの東京進出は注目すべき動向となっている。東京と京都の両方にギャラリーを持つことがスタイルとして定着しつつある現在、2010年10月に満を持して東京にセカンドスペースをオープンしたのがイムラアートギャラリーである。今回は日本を代表するギャラリストである同ギャラリー代表の井村優三氏に東京進出について、そして京都と東京のマーケットについてお話を伺った。


PAGE TOP
AMeeT発刊1周年Special京都のエコー/北京のエコー

21, Oct 2010

AMeeT発刊1周年Special
京都のエコー/北京のエコー

AMeeTリリースからちょうどこの10月で1年を迎えた。「京都」「テクノロジー」を切り口に、今後も息長く発信し続けたい。今回の特集は、アーティストの藤本氏に「京都の音(KY-O-TO)」をテーマに寄稿いただいた。比較的短い本エッセイ自体が、1編のアートワークになっている。


PAGE TOP
展覧会と批評誌有毒女子 toxic girls

29, Sep 2010

展覧会と批評誌
有毒女子 toxic girls

今夏、京都で開催された企画グループ展『有毒女子 toxic girls』、それと連動しつつ創刊された批評誌『有毒女子通信』についての特集。そこには看過し難い毅然とした意志=矜持を感じることができる。


PAGE TOP

PAGE TOP