「複製技術の演劇」私論

20, Nov 2013

「複製技術の演劇」私論

デジタルデバイスや特殊メイクを使用した演劇作品を制作するあごう さとし氏に、現在の創作活動における主題である「複製技術の演劇」について論じていただいた。なお、あごう氏は演劇の複製可能性を検証することを目的とした「パサージュ」シリーズの新作『-複製技術の演劇-パサージュⅢ』を2013年11月22日~11月24日(こまばアゴラ劇場/東京)、2013年12月20日~12月22日(大阪府立江之子島文化芸術創造センター/大阪)の期間上演する予定。


PAGE TOP
プログラミングを用いた映像制作のコツ~パタンの組み合わせと繰り返し~

31, Aug 2013

プログラミングを用いた映像制作のコツ
~パタンの組み合わせと繰り返し~

Kezzardrix名義や、「SjQ++」のメンバーとしての活動を通し、近年注目を集めているアーティスト/プログラマの神田 竜氏に、プログラミングで映像を作る際のアプローチについて紹介していただいた。


PAGE TOP
「日本映画原点の地」の空気を感じながら-元・立誠小学校 特設シアターの日々

30, Jun 2013

「日本映画原点の地」の空気を感じながら
-元・立誠小学校 特設シアターの日々

元・立誠小学校 特設シアターは2013年4月、京都市内の木屋町にある元・立誠小学校の校舎内教室にオープンした映画館。京都市と京都を基盤に映画製作や配給事業を展開するシマフィルム株式会社の共同主催により運営され、新しい映画の在り方を提案する拠点として、注目を集めている。今回はシアタースタッフの石塚就一さんに、本シアターについての記事を寄稿していただいた。


PAGE TOP
アナログテレビに共感

30, Apr 2013

アナログテレビに共感

デジタル全盛の時代にこのタイトルだとどうも懐古趣味的な印象を持たれるだろう。"アナログ"という言葉自体が前時代的な意味として使われるから仕方無い。ここでは、決して時代遅れではない新しい価値や文化を創造する"アナログテレビ"との付き合い方を紹介したい。


PAGE TOP
タイガークエスト -ロッテルダム国際映画祭体験記-

28, Feb 2013

タイガークエスト -ロッテルダム国際映画祭体験記-

国内外の国際映画祭、美術館などに映像作品のプログラムを提供する澤 隆志氏に、2013年1月23日~2月3日の期間、オランダで開催された、ロッテルダム国際映画祭のレポートをご寄稿いただいた。


PAGE TOP
「かげ」を「うつす」こと――展覧会「かげうつし―写映・遷移・伝染―」に寄せて

27, Dec 2012

「かげ」を「うつす」こと
――展覧会「かげうつし―写映・遷移・伝染―」に寄せて

2012年11月3日から25日にかけて、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAで開催された展覧会「かげうつし―写映・遷移・伝染―」。今回のDigital Imagingでは、企画者である林田 新氏に「かげうつし」という言葉を用いた動機、そして本展で行った試みについて寄稿していただいた。 デジタル以降の「映像」という言葉が持つ意味を分析しつつ、再定義を示唆するようなテキストとなっている。


PAGE TOP

PAGE TOP